Search This Site:
>更新履歴一覧:Update Log
>ロケ地から見るTSCC
>サイトマップ:Site Map
>トップページ:TOP PAGE
Get to Save TSCC !
オリジナルサウンドトラック
サラ・コナー・クロニクルズ オリジナル サントラ OST

ガイド本+インタビュー
サラ・コナー・クロニクルズ 未公開 DVD 動画

まわし蹴りはジャッキー・チェンより高さがあるサマー・グローのセレニティー Serenity..TV→映画復活例。ジョシュ・ウェドン作↓
セレニティー Serenity
祝★セル・レンタルNo.1
サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD1未公開映像ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD2BOX
シーズン1第1〜2話+第3〜9話
Terminator TVシリーズ2 第3話まで +未公開シーン動画セカンドシーズン第4〜13話 未公開映像シーズン2第14〜22話最終
シーズン2第1〜3話+第4〜13話+第14〜22話最終章
サラ コナー クロニクルズ レンタル 動画 無料 お試し
レンタル Rental

ターミネーター グッズ 商品 フィギュア
ターミネーター グッズ

ユニバーサルスタジオジャパン
■ターミネーター2:3-D
日本でターミネーターに会える場所。「Terminatorの孫の手」グッズも豊富。映画の世界にどっぷり浸りたい人向き。
            
Ads.
       
シーズン3 (TSCC サードシーズン Season3):続編
「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」“シーズン3”
のその現状と展望について。
Save TSCC for Season3
〜“Tried to close one door while Opening Another・・・”〜
by Josh Friedman
「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ(以下、TSCC)」の放送元のTV局:フォックス(以下、FOX)が、2009年5月18日に、TSCCのシーズン3への続行を“officially canceled”と表明し、TSCCは今、シーズン2で止まっている状態シーズン3/続編の配給方法を模索している状態。ちなみに、“canceled”(=予定されていたものがキャンセル)とある通り、シーズン3のストーリーは存在している。[一例→1963年の銀行の技術士]・・・シーズン2でいろいろな伏線が残され、不自然な閉じ方をしている通り。これを製作者のジョシュ・フリードマンは上記のように、ドアで表現している。

【シーズン2放送以降の主な流れ】:
1)2009年夏秋〜のDVD/BDの世界的な好売上を受け、脚本家・ディレクター等製作関係者間でもDirect-to-DVD(DVD映画)形式での配給などが模索されており、続編製作への動きが出てきている。・・・の、せっかくのいい雰囲気が、
2)「ターミネーター4」が興行的に失敗→T4製作会社Halcyon破産申請→T4資産整理で「ターミネーター権利」放出→現在、競売中につき、「ターミネーター商標」のオーナー不在状態。よって、
3)2010年1-2月ターミネーター権利オーナー決定待ちだったが・・・結局、ヘッジファンドの元へ転がったため先行き依然、不透明・・・
4)ヘッジファンド(パシフィコー)が権利扱いをWMEへ委託。TSCC出演の“an actor”がWMEへ召集される。続編は「有るか無いか」ではなく、「いつ」の段階へStep Up。TSCCの続編が作られる場合はDVD映画の路線が濃厚。
しかしながら、2011年1月現在、「ターミネーター商標権利」関係でいまだ進展がなく、TSCCはおろか、T5,T6といった「ターミネーター」という名前が付く一切の作品が作ることができない状態が続いている。 【「打ち切り」とされた2009年5/18以降の動き】:
2011年
・N O W 最新情報・更新履歴はこちら← NEW TSCC最新情報はこちら
・05.02 TSCC-No Fate Con サラクロ・コンベンション開催
・04.30 ターミネーター5とフランチャイズ (revised)
・01.02 シーズン3は未来でのジョン・コナーの物語が基軸
2010年
・07.28 SAVE TSCCビルボード再走
・07.12 出産後、レナ・ヘッディもTSCCを語る
・06.19 WMEへ権利扱い委託。TSCC続編 DVD映画 製作詰め 進行中
・05.09 サマー・グロー、T・デッカー続編へ意欲満々
・04.02 DVDの売上が良いということは
・02.10 ターミネーター権利、ヘッジファンドの元へ落ちる
・02.06 ターミネーター権利にソニーピクチャーズ参戦
2009年
・12.18 ターミネーター権利「2019年 問題」
・12.04 ターミネーター4閉店 T4資産償却オークション
・11.20 ソニーピクチャーズ?どうなる?マックG監督
・11.03 ジョシュ・ウェドン、TSCC続編製作へ$10000
・11.02 「ターミネーター」権利オークション売却へ
・10.01 ブライアン・オースティン・グリーンも続編について語る
・09.27 TSCCプロデューサー ジェームズ・ミドルトン語る
・09.23 ビルボード Run と各メディアの反応
・09.15 TSCC 2009年ベスト・ドラマに。再評価高まり中。
・08.30 トーマス・デッカーがDirect-to-DVD続編をポロリ
・08.19 DVDセールスなどを受けてTSCC脚本家ザック・スタンツより

(以下、2009年6月以前の過去ログ)
ターミネーター サード シーズン3
一部の映画関連webなどではこの“officially canceled”を、(視聴率低下のため)“『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』の打ち切り決定”として短絡的に報道してしまっていますが、これは必ずしも正確ではありません。
(日本での「打ち切り」という単語の一人歩きはそもそも、
下のアドレスのサイトの文章↓が発端のようだが、この文↓は、
http://dramanavi-news.cocolog-nifty.com/news/2009/06/post-0b77.html
5/18にアメリカで発表された記事をそのまま6/2に日本語にしただけの古い記事。↑)
この“officially canceled”というのは、あくまで2009年4月22日までの状況をふまえ、アメリカのFOXという1TV放送局が、2009年5月17日の段階で“currently”(=現在の段階では)放送枠を用意しないと表明しただけで、ここで誤解しないことが重要。
ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ サードシーズン3 続編製作の方程式
厳密にいうと、TSCCの製作元は「ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメント(Warner Bros. 以下、WB)」であり、FOXが製作したわけではなく、続編製作にはあまりFOXは関係ない(FOXはWBで製作したものをただ放送しただけの数ある1メディア媒体、1テレビ局に過ぎない)。ちなみに、日本のTSCC販売元も、Warner関連のワーナー・ホーム・ビデオ。つまり鍵はWBが握っている。→参考[Warner Bros. スタジオ TSCC撮影ロケ地]
 
一言でいえば、「Money talks」(お金が語る=お金がすべて)。2009年1月・6月・9月と世界的にリリースされたDVDおよびBlu-rayでの好調な売上の収益がWBに入っていき、DVDの線で十分収益を生む作品であることが確認できれば、おのずと続編製作への道が開けてくるということ。幸い、「ターミネーター」というのはアメリカ国内だけのコンテンツではなく、世界中にファンがいるProperty:商業的財産。
 
「ターミネーター」という世界的に商業的財産価値が非常に高いコンテンツが、今後、「放水口」を変えて、放出再開される可能性はなきにしもあらず。
 
現在、アメリカにはFOX以外にも、ABC、CBS、NBCなどの3大ネットワークがあり、また、ケーブルテレビなど、数多くの「放水口」が存在しており(右上図参照)、WBなどで作られた作品(ソフト)をいろいろなメディアが取り扱って放送している。
 
実際、この数年だけでも、例えば、TVドラマの、
1.「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」→NBCの放送終了(キャンセル)発表後→CBSへ移管され、再開。
2.「犯罪捜査官ネイビーファイル(JAG)」→NBCで放送cancel後→これまたCBS移管後、大人気シリーズへ発展。

・・・など、このように、「キャンセル(打ち切り?)」表明後の再開・放送局の移管はアメリカではよくある話。なぜなら製作元と放送局が必ずしも同じではなく、TV局というのは、製作されたソフトの単なる末端の「放水口」にすぎないため。
3.映画やスペシャル版へ発展の可能性も・・・
Firefly ファイヤーフライ summer lyn glau as River Tam セレニティ SerenityTV「Firefly」→映画「Serenity」
“When Fox canceled 'Firefly,' it ignited an Internet fan base whose burning desire for more led to 'Serenity'. ”
→[SF Gate]
また、スケールの大きなTSCCに非常に近い例として、SF(スペースウェスタン:宇宙西部劇)TVシリーズ「Firefly(ファイアーフライ)」も、FOXが一旦、キャンセルしましたが、存続を望むファンの熱烈な運動により、映画『Serenity(セレニティ)』として復活した事例もあります。おもしろいことに、このFireflyにはサマー・グロー(Summer Glau)も出演しており、サマー・グローは、Serenityで重要キャラクターとして復活したわけで、今後、デジャブなことが「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」でも起こりうることが十分に考えられます。▼発展例:
1.「Terminator:Sarah Connor Chronicles」(The Movie)映画版
2.「Terminator:John Connor Chronicles」(TV/Pilot)
3.「Terminator:Allison Young Chronicles」(TV/Pilot)
4.「Terminator:Cameron Phillips Chronicles」(TV/Pilot)・・・など。

 
実際、アメリカではすでに、「TSCC」存続、シーズン3を渇望する様々な運動(Save TSCC:「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズを救え」)が熱を帯びてきています。一例:「DVD部隊を配備せよ」▼
TSCC DVD部隊を配備せよ
 
【TSCCの視聴率について】:
「視聴率低下で打ち切り」とささやかれていますが、以下のような(製作者側ではなく)TV局側のお家事情が看過されています。
1.TV局側の事情に合わせた無理なエピソード数増加
TSCCは映画ではなく、TVドラマとして作られているため、テレビ局(FOX)が要求した時間分、番組を無理にでも製作しなければなりません。つまり、FOXの放送枠の都合で22週分要求された場合、製作者は無理にでも22話、作らなければなりません。そのため、シーズン2が製作者側の本来の意図に反して、エピソード数を増やさなければならず、間延びしてしまった背景があります。(本来はシーズン2は13話程度でシーズン1の9話同様、テンポよくコンパクトにまとまっていたはずのものが、TV局:FOXの事情に合わせたため、22話に無理に引き伸ばされたため、間延びしてしまった、ということです。)
2.テレビ局はお金がない。+不況
しかも、テレビ局は現在、お金がありません。インターネットによるメディアの多様化に加え、TSCCシーズン2の放送が始まった9月と同時に始まってしまったアメリカの経済不況により、TV局は苦境にたたされています。
1テレビ局のFOXの今回の決定は、あくまで2009年4-5月時点でのアメリカ国内の視聴率や経済情勢に基づいた、非常にdomesticなものであり、ここにはアメリカ国外での人気やDVD、Blu-ray等のデジタルコンテンツの売上などはまったく加算されていません。TSCCの、特にシーズン2の放送再開時期は、アメリカの不況が始まった時期(2008年9月〜2009年4月)とモロに重なっており、不運(アンラッキー)でした。
3.TV局都合による月曜→金曜夜(視聴率の墓場)への放送枠変更
サラ コナー クロニクルズTV放送時期(アメリカ)
■TSCC Season1:
2008年1月13日〜3月3日の月曜夜に放映←「月9」で高視聴率
■TSCC Season2:
2008年9月8日〜12月15日第13話←月曜夜←★米国 経済不況発生*1Docomo_kao19
■TSCC Season2:
2008年2月13日第14話〜2009年4月10日←金曜夜に放送枠移転ガーンネコ
テレビ局がつぶれる日*1・・・TVの視聴率や、スポンサー企業(番組に出すCM広告)というのは、その時の経済状況に非常に影響されるものです。特に、2008年8月前後頃からのサブプライムローンに端を発する「100年に1度」と言われるアメリカの経済不安により、明日自分の職や家がどうなるかもわからない人々は、TVなどゆっくり見る余裕などなく、また、金曜の夜に放送枠を移動させられては、「ハナキン:花の金曜日」の金曜夜なんてみんな出かけていて、TVは録画(しかもNielsen ratings Systemでは計測できないハードディスクなどへの録画が最近は主流)でしょうから正確な視聴率なんて計測できないわけで、かわいそうなTSCC・・・だったわけです。 この時期以降、TSCC以外の、日本でも知られている『LOST』『プリズン・ブレイク』などのその他のTVシリーズも軒並み、視聴率低下となっており、制作費がかかっているものから順に打ち切りが続いています。
【TV局:FOXの裏事情】:
しかも摩訶不思議なことに、同じ金曜日の21:00から放送されていたTVドラマ“Dollhouse”(ドールハウス)はTSCCよりも視聴率が悪い(今現在もTSCCよりもさらに低視聴率を更新し続けており、あまりに視聴率が良くないので、2009年10月からDollhouseにサマー・グローを投入して視聴率回復を試みはじめました・・・)にも関わらずFOXで放送続行されているのが現状。
これはTSCCがWBで作成されたのに対し、DollhouseがFOX自身(FOX TV production:FOXの製作スタジオ)が作った作品のため、自分のところで作ってしまったものはキャンセルできなかった、また、TSCCよりもDollhouseのほうが制作費が安い、というTV局のお家事情もあったからです。こういった事情によるDollhouse優先の理由を、Kevin Reilly(Fox's president of entertainment:FOXのTV製作責任者)は言い訳で、“If we'd canceled Joss' show(Dollhouse), I'd probably have 110 million e-mails this morning from the fans,”などと述べていますが、果たして視聴率および評判の良くないDollhouseが、110 million もの存続を求めるEメールがタイミングよく届いたものかどうか。→参照:[Fox execs explain why they kept Dollhouse and killed Sarah Connor | SCI FI Wire]・・・それならば、Kevin Reilly(とFOX)に「I want to see, TSCC Season3!」とどんどん存続願いメールを送ってみましょう。110 millionぐらいならすぐ到達します。※送付先アドレスなどは下記してます。
 
【日本・海外セールスの追い風】:
しかし、ご存知のように、2009年6月から本格的に海外展開がはじまった「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」の、日本を含めた海外での評判や売上は実際よく、これらの結果をふまえての今後のWarner Bros.の動向が注目されるところです。
 
特にターミネーター・シリーズ全体でいえば、世界での全興行収入の30%は日本が占めており、日本はターミネーター関連の重要なマーケットと位置づけられています。(サマー・グローやブライアン・A・グリーン、そしてT4のMcG監督ほか主演陣がわざわざ来日していることからもわかります。)→[Summer&Brian interview in Japan]
 
ムービーSD MovieSD 携帯映画コンテンツ Terminator Sarah Connor Chroniclesつまり、「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」の存続は、日本人にかかっている、と言っても過言ではありません。(しかも日本人はこういった「メカ+ヒューマンドラマ」が大好きで、これは小さい頃からアニメなどで同系のドラマに慣れ親しんでいるからと思われます。)
 
みなさんの「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」への応援が期待されてます。
【日本人のあなたにできること】:
1.セールスに貢献する
日本では結局、DVD/Blu-ray販売などがメインなので、「レンタルで借りる」+「保存版として買う」が一番てっとりばやく、セールス(売上)に貢献することになり、あなたのこの清き1票が、日本の「ワーナー・ホーム・ビデオ」経由で本国のWarner Bros.に伝わり、シーズン続行につながっていくことになります。実際、ここ最近のDVD/Blu-rayの好調な売上を見て、製作関係者間で続編製作への動きが出始めています。2.人気を高める
ブログなどで「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」のことを書き、評判を広め、人気を高めていきましょう。
 
3.存続願いの署名をしてみる→無料
これは無料ですぐにできますが、次のwebサイトで「サラ コナー クロニクルズ」存続を求める署名を募ってます。集まった署名はまとめて、製作元などに届けられます。記入欄は少ししかないので、2,3分で済むかと。
>>TSCC存続を願う署名のページ(英文):|その1その2その3
但し、署名というのは効果は未知数・・・それよりも効果的なのが直接の訴求。↓
 
4.製作元に直接、フィードバック/メールを送ってください。無料
署名よりも効果的なのが製作会社への直接の意見表明(フィードバック)。
TSCCの製作会社はアメリカのワーナー・ブラザーズ(Warner Bros.=WB)。
ペンは剣より強し The pen is mightier than the sword
下の画像クリックで、TSCCの製作元、アメリカのWarner Bros.(ワーナー・ブラザーズ)へ直接、あなたの意見や要望を届けることができる2つのフォームが表示されます。下の英語を参考に(もしくはコピペして)、続編製作の要望の送信をどうぞ。▼
1.WarnerBros. Feedback ▼ 2.the wb.com Feedback
ワーナーブラザーズへ WarnerBros Feedbackワーナーブラザーズへ the wb com Feedback
▼ 3.FOX 
(メアド:askfox@fox.com ←FOXはフォーム設置なし。)
TV局FOXへのメール アドレス
英文サンプル1
Dear ○○(下記 担当者名),
Thank you for giving us(Japanese) the Terminator Sarah Connor Chronicles Season1 and 2. Sarah Connor Chronicles is the best show on TV so we need season3. If you give us Season3, we would appreciate it very much. Thank you・・・ Regards, (あなたの名前、Eメールアドレス等。)
・・・などなど。もちろんその他感想、熱き想いなども付け加えて・・・。
英文サンプル2
We JAPANESE need to see Terminator Sarah Connor Chronicles Season3 or some other continuaiton!!!
・・・
上記、「TV局の裏事情」にも記載した通り、FOX番組責任者のKevin Reillyは、Dollhouseをキャンセルしたら、110 millionものクレームメールが来るだろう(だからキャンセルしなかった)と言ってます。なら、110 millionのTSCC存続を願うEメールをKevin ReillyとFOXにも送ってみましょう。
▼他のアピール先:
手紙を送る Send Email Save TSCCMr.Preston Beckman :FOX Broadcasting(放送元)
Terminator: The Sarah Connor Chronicles
10201 W. Pico Blvd.Los Angeles, CA 90035
>>Eメール:preston.beckman@fox.com
Ph: 310-369-1000 (to Fox broadcasting)
Fax: 310-369-1283
Mr.Scott Rowe:WB (Producer of TSCC; & T4 Movie)(製作元)
あなたの意見を伝える 存続願いTerminator: The Sarah Connor Chronicles
4000 Warner Blvd. Burbank CA 91522
>>Eメール:Scott.Rowe@Warnerbros.com
1-818-954-6000(warner Bros)
1-818-954-7057(TSCC office 電話番号)

 
5.寄付その他、SAVE TSCC運動に参加する
先ほどもお伝えした、「Save TSCC “Billboard Campaign”」など展開中です。それ以外にもSave TSCCを目的とし、“Will You Join Us?”を合言葉にした、いろいろなコミュニティサイトがあります▼
Save The SCC comTerminator Wiki FOX
・・・ので、それらから情報収集したり、活動に参加したりできます。
“Will You Join Us?”
日本からも寄付などでサポートできる運動各種あります(詳細は画像をclick!)
製作会社前でビルボードRUN▼映画館で続編製作アピール広告
ビルボード Save TSCC Season3映画館でSave TSCC シーズン3
TSCC DVD部隊を配備せよ
▼ビルボード/映画館Ads/ステッカーをはりまくろう・・・などなど(↓click↑)
Save TSCC Billboard ビルボード キャンペーン・・・・・・・・・キャメロン スケボー Skateboarding Cameron〜〜〜♪   ターミネーター サラ コナー クロニクルズ 映画版 動画 Sticker the World ステッカーをはりまくろう運動キャメロンのチップ USBメモリ Camerions Chip Terminator T-888 Needs a Job !
サードシーズン:シーズン3動画プロモーション
サラ コナー クロニクルズ サードシーズン3 動画 プロモ

 
【A Cat Talking for Season3】:・・・something behind a cat.
Money talks and opens all doors・・・especially in these kind of
Hang in there baby cat Terminator Sarah Connor Chroniclesproblems, this is just a business. Be cool.
Cat DANCE Money TalksMoney will make even a cat dance.
 
money makes FOX danceMoney will make even “FOX” dance.
 
Fox and WB's decision was just based on American domestic condition at that time.
 
Fortunately, Terminator(including SCC) is a world-wide commercial property and TSCC's 2nd season has just begun to release in Japan and the sales(including rental) is not bad so far. Japanese people have just started to know about TSCC (and what happened/happening).
 
Japan has a 30% share of world Teminator sales since T1, such a huge market for “Terminator”that Terminator-Expo was held only in Japan and SG and BAG came to Japan far from for the promotion.
 
We may have the way not only to expect TV company(FOX) but also we, ourselves, to become a sponsor of SCC (e.g. donation from TSCC fans all over the world )to see the next series・・・
 
So, please ask our honorable Josh Friedman or some other person in charge,“How much money is needed for the next season ?”
 
Not only a small Billboard Campaign, but also worldwide TSCC fans(resistance) may be able to make up for it.
 
We'll see!cat walking to the next door
“It's gonna be one hell of a dog cat fight・・・”(・・・if Sarah)
“There's a (more than) 51% chance・・・”(・・・if Cameron)
“All things are possible to him who believes・・・”(・・・if Ellison)
“Hey! I like the new gate.”・・・(if Catherine Weaver)
“These're the ducklings.Season1.2.And 3!”(・・・if Savannah)
サバンナ・ウィーバーのアヒル
 
▼ What's Going On・・・in JAPAN ? ▼
“Freaking Big” Cameron Ad
at the World Famous Shibuya Junction, Tokyo JAPAN

TOKYO JAPAN SALES Terminator Sarah Connor Chronicles Promotion

 
TAGS:ターミネーター:サラ コナー クロニクルズ/シーズン3 製作/Terminator/Sarah Connor Chronicles/3rd season/最終回/存続/サードシーズン/DVD-Movie/TSCC3 The Movie/TSCC 映画版/TSCC 続編登場人物/キャメロン・フィリップス/ジョン・ヘンリー/アリソン・ヤング/ジョン・コナー/キャサリン・ウィーバー/サバンナ・ウィーバー/Key:Danny Dyson(ダニー・ダイソン)
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-Topシーズン3 (TSCC サードシーズン Season3):続編
TOK715:キャメロン・フィリップス Cameron Phillips
「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」のサマー・グローが演じるターミネーターの型番TOK715こと、キャメロン・フィリップスについて。
キャメロン フィリップスの任務
【MISSION】:
1.PROTECT JOHN (ジョンを守る)
2.HUNT SKYNET (スカイネット狩り)
3.STOP JUDGEMENT DAY (審判の日を阻止する)
4.BRING BACK THE SKYNET INFORMATION TO THE FUTURE
 (スカイネットの過去・現代のデータを収集し未来のジョンへ届ける)
5.SKILL UP OF JOHN(ジョンのメタル知識のスキルアップ)
6.PROTECT SARAH FROM CANCER
 (サラの癌の同位体治療及び癌予防・早期治療への注意喚起)
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-TopTOK715:キャメロン・フィリップス Cameron Phillips
サラ・コナー・クロニクルズ シーズン2到着 シーズン3へ
サラ・コナー・クロニクルズ シーズン2 to シーズン36月10日発売の「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」シーズン2第1〜3話のDVDが発売と同日、自宅まで配達されました。通販は便利ですね。実はサラ・コナー・クロニクルズはもう全シリースTVなどで見倒し、各エピソードも少なくとも2回ずつぐらいは見てるのですが、あえて今回、DVDも購入。なぜなら、こうした購入の1つ1つがシーズン3へとつながるから。選挙と同じ、清き一票=1buyを投じて、シーズン2で止まってしまっているシリーズをなんとかシーズン3へと突き動かす1歩に微力ながらお手伝いできれば、というはかない思い。TSCCは日本ではDVD(またはBlue-ray)でのリリースがメインで、地上波での放映も今のところ未定、キャラクターグッズなどもほとんどないため、TSCCに一票を投じるには、まずはDVD(Blue-ray)を購入するしかありません。日本での購買・人気がTSCCシーズン3稼動へどれだけ貢献できるか、見ものです。日本人TSCCファンのみなさん、がんばっていきましょう。

しかも、観れば観るほど、TSCC、特にシーズン2のセリフの深さに惹きこまれていきます。「ターミネーター哲学」の伏線となるような、かなりトンチとパンチの効いた、かつ実用的な英語のセリフまわしが展開してます。これは日本語吹替版では表現できないでしょうね。DVD(Blue-ray)だと、音声:英語、字幕も英語で、何度でも止めながら観ることができるので、英会話の勉強にもオススメです。

We Love TSCC SAVE season3それにしてもDVDで見ると映像が綺麗ですね。特に3人の女性、ポニーテール女社長のキャサリン・ウィーバーことT-1001ターミネーター(Catherine Weaver:Shirley Manson)、サラ・コナー(Sarah Connor:Lena Headey)、ターミネーターTOK715キャメロン(Summer Glau)の美貌さがDVD画像でも引き立ちます。T-1001を演じるShirley Manson(シャーリー・マンソン)のパンチの効いた曲‘Samson and Delilah’・・・“If I had my way・・・I'd burn this whole building down〜♪”で始まるシーズン2。イケてます。Shirley Mansonのキャサリン・ウィーバー役への抜擢はかなりセンスがあると思います。すでに巷では人気は出てきてますが、今後ますます、日本でも人気沸騰となる気配あり、です。

強く美しくせつない、ターミネーター・キャメロン伝説
「女性が大活躍する作品」としても知られてます。

ターミネーター・サラコナー・クロニクルズ・シーズン1第1〜2話ターミネーター・サラコナー・クロニクルズ・シーズンワン第3〜9話ターミネーター・サラコナー・クロニクルズ・セカンドシーズン第1〜3話ターミネーター・サラコナー・クロニクルズ・セカンドシーズン第4〜13話ターミネーター・サラコナー・クロニクルズ・セカンドシーズン第14〜22話
一部テナントで売り切れも出てきたみたいですね 手
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-Topサラ・コナー・クロニクルズ シーズン2到着 シーズン3へ
サラ コナー クロニクルズ 続々到来:Season3 is a MUST
サラコナー クロニクルズ リリース到着6月24日発売の「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」セカンドシーズンDVDコレクターズBOX1が発売当日、早速自宅まで送られてきました。私はもう全シーズン、オンタイムで観ているのですが、あえて買いました。選挙の「清き1票」と同じ、小さな1購買がTSCCシーズン3へつながることを祈って。
“1 Buy for TSCC Season3”
ターミネーター サラ コナー クロニクルズ Season3へ
ターミネーター事典 厚さ4.5cm今回は厚さ4.5cm、ちょっとしたターミネーター事典といった仕上がりになってます。でなくても、英語の勉強にいいんですよね、単純に。My DVDなので英語音声・英語字幕で観ながら、分からない箇所があったら止めたり繰り返したりして何度でも確認できるので。ターミネーター未公開シーン 動画DVD(Blu-ray)のポイントは未公開シーンの付録。特に今回リリースされたボックスの第6話の未公開シーンでは、キャメロン(Summer Glau)がジョンに向かってかなりせつないことを言っています。こんな悲しいシーンがカットされていたのか・・・と。
シーズン2からどんどん、時間的余裕のあるTVシリーズならではの人間関係や各キャラクターの掘り下げが進み、Terminator SAGA:ターミネーターの世界観が深まっていきます。見所は、
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-Topサラ コナー クロニクルズ 続々到来:Season3 is a MUST
シャーリー・マンソン Shirley Manson:T-1001
液体金属T-1001型ターミネーターのキャサリン・ウィーバーは、T-1001の前はT-800系のターミネーターだった!?
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-Topシャーリー・マンソン Shirley Manson:T-1001
金曜日は視聴率の墓場:TSCC視聴率のホントのところ
弊サイトの以下(過去ログ)の指摘が伝わったのか(どうかは知りませんが)、wikipedia、以下枠内の文が追記されましたね。(2009年12月現在)↓
シーズン1は月曜日の夜に放映されていたが、シーズン2はTV局の都合により、途中から比較的視聴率が悪いとされる金曜日の夜の時間帯に移動して放映された。

(以下、過去ログ↓)
いまいち、wikipediaなどの記載が正確ではない箇所。
シーズン1では平均1100万人の視聴者を獲得する好セールスであったものの、シーズン2では視聴者が500万人前後まで視聴率の大幅な低下となり、それが原因となりFOXより本作シーズン3の製作予定はキャンセルとなった
↑wikipediaも某サイト記事をそのまま転用のようですが・・・「脚注・出典」(情報ソース)は日本語サイトのベースが多いようですが・・・
曜日への言及などが欠落。
つまり、原因・背景にあと一歩踏み込めてません。正確には・・・
「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」は、シーズン2になって、
(誤):「視聴率が低下したから“打ち切り”となった。」
(正):「月曜日の放送枠から、視聴率が悪い金曜日に放送時間が移動となり視聴率低下に拍車がかかった。(+TV局の経済的事情※末尾参照)」
金曜日の夜はTVドラマの墓場
サラ コナー クロニクルズ 視聴率
「サラ・コナー・クロニクルズ」のことを最近、初めて知ったであろう人のブログなどに「何やらアメリカではシーズン2で視聴率が低下したので打ち切りみたいですぅ」的な、表面しか伝えていない日本語の映画サイトなどの記載文をそのままコピーしただけの文面が目立つので、訂正と補足をさせていただきたく。
T-1000 and T-1001
アメリカでは「サラ・コナー・クロニクルズ」は、序盤の放送は月曜夜で、高視聴率でした(平均11.4million)。それがTV局(FOX)の都合*1で、シーズン2の途中から、
金曜夜に放送枠を移転しており
金曜夜に放送枠移転後、視聴率低下にさらに拍車がかかった背景があります。
TSCC 視聴率の背景 Rating

※尚、上のグラフは「月曜日放送」と記載の通り、日曜日に放送された初回第一話(プレミア)の数値は除外しています。というのも第一話は日曜日:2008年1月13日のメジャーリーグ・プレーオフ直後の続きで放送されたため、その日だけ異常な高視聴率だったことと、あくまで日曜日であり、月・金曜比較の参考にならないため、です。※あまりにくだらないので半年ほど放置していたが・・・なにやら「嘘」やら「デタラメ」やらと当グラフやTSCCの粗探しを一生懸命されている、
ブログ名:Green Rabbit(グリーン ラビット) / 管理者 kimata
・・・という、マイナス思考な方がお一人いらっしゃるようだが、よく当サイトをご覧いただければと。確かに当サイトの上のグラフは大雑把なものですが、その方が
http://acapulco.dyndns.org/blog/2010/01/04/781
で記載している主張には無理があり、不正確でもある。以下に指摘する。
Green Rabbit kimataの嘘

■kimataの誤り1:
(kimata記載)「シーズン2になってからシーズ1の視聴率,視聴者数を超えた事は一度もありません.よって,放送日の変更を打ち切りの主要因とするのはまったくの誤りです.」

は、間違い。誰も「シーズン2になってからシーズ1の視聴率,視聴者数を超えた事は一度」でもある、とはどこにも私は言っておらず、そして、「放送日の変更を打ち切りの主要因」とも書いていない。kimataの主張はズレている。当ページでは「放送曜日が金曜日に変わって視聴率が低下した」と書いている。またそれ以外の経済的な要因などにもかねてから触れている。

■kimataの誤り2:
(kimata記載)「あえて視聴率のデータから推測するのなら,シーズン2で視聴率が低迷したために月曜の枠を明け渡さざるを得なくなり,それが引き金となってさらに視聴率が悪化して打ち切りになったのではないでしょうか?」

は、完全に誤った推測である。TSCCが月曜から金曜に移転したのは視聴率のせいではない。上述の通り、TV局FOX*1の都合であり、FOXは以下の通り、番組編成発表で公式にアナウンスしている。
*1・・・FOXの都合とは、2009年2月13日21:00からスタートした新番組「ドールハウス」をバックアップするために、金曜夜の20:00〜22:00枠をTSCCとSci-Fi系2本立てにして販促プロモーションしよう、というもの。よってTSCCも2009年2月13日から金曜20:00枠へ移転となり、その金曜日からそれまでの視聴率から半減した。
【金曜へ移転した理由】:
新番組「ドールハウス」をバックアップさせるためのFOXのプロモーション。
2009年2月13日(金)20:00〜TSCC(←月から移転)
2009年2月13日(金)21:00〜ドールハウス(←新スタート)

以上、kimataの主張は論を成していない。
しかも、そのkimataが作成したグラフ↓
Green Rabbit グリーンラビットの針小棒大 嘘の誇張
(http://acapulco.dyndns.org/blog/2010/01/04/781)
・・・を見ても、金曜日に放送枠が移転してから急落(半減以上)している事実(月→金 でrating 半減)が明らかであり、デタラメなどと強い口調で非難される由縁は当サイトにはない。Green Rabbit(グリーン ラビット) / 管理者 kimata による『「ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう!」の嘘』が嘘である。映画やドラマなど他人の作品や、他人のサイトを批判することは簡単である。「嘘」などという仰々しいタイトルを付け、他人に言いがかりを付ける以前に、自身がいかに社会のために生産的なことに貢献できているのか考えた方がよい。
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-Top金曜日は視聴率の墓場:TSCC視聴率のホントのところ
レヴェン・ランビン(Leven Rambin):ライリー
シーズン2第2話から登場のライリー役レヴェン・ランビンについて。
「TSCC シーズン2をみてね!」by Leven Rambin
■名前:Leven Alice Rambin(レヴェン・アリス・ランビン)
■役名:Riley Dawson(ライリー・ドーソン)
■出身:アメリカ・テキサス州ヒューストン
■1990年5月17日生
■身長:163cm
(171cmとしてるサイトもありますが、他の俳優・女優さんと比較しても170はないようです。)
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-Topレヴェン・ランビン(Leven Rambin):ライリー
キャメロンの青い目・赤い目
キャメロンの目は青いのか、赤いのか、どっち?
と、アメリカで「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」のTV放送が始まった時にちまたで話題になったネタ。
青い目。TSCCシーズン1第1話。オープニングと名言集“We are Back!”
キャメロン・フィリップス 青い目 Blue Eye
青い目(ファーストシーズン第1話)と赤い目(セカンドシーズン第22話)。
キャメロン ターミネーター 赤い目
目の色については、2008年のコミ・コンにてサマー・グローがインタビューで以下のようにあっさり回答しています。
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-Topキャメロンの青い目・赤い目
ジェシーなルガーP90, P85:ステファニー・ヤコブセン
小道具や脇役を見れば映画やドラマの、また別の一面が見えてくるシリーズ。ということで、ジェシーこと、
ジェシー ステファニー ヤコブセン■ステファニー・ヤコブセン
( Stephanie Chaves Jacobsen )
■1980年06月22日生まれ
■身長:165cm
■香港生まれ、12才の時にオーストラリアへ移住、シドニー大学卒業。

ヤコブセンといういかにも北欧系の名前からもわかるように、ノルウェー/ポルトガル/中国/イギリスのクオーター(=ハーフのハーフ)。サラ・コナー・クロニクルズのおもしろいところは、その役柄を演じる俳優や女優のバックグラウンドをその役に結構反映させていること。
スリードット共和国
例えばキャサリン・ウィーバ−(T-1001)を演じるシャーリー・マンソンはスコットランド出身だが、ドラマ上もスコットランド系アメリカ人の設定でセクシーなスコティッシュ・イングリッシュを披露している。このジェシーもこのヤコブセンの経歴を反映して、オーストラリアのレジスタンスとしてオーストラリア(パース)とアメリカ(セラノポイント)間を潜水艦にて物資を輸送する人類抵抗軍(海軍)の役で登場。オーストラリア英語もストーリー中での重要なキーになっていた。
キャロット アンド アップル Carrots and Apples
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-TopジェシーなルガーP90, P85:ステファニー・ヤコブセン
TSCC サラクロ 2010年の評価
アメリカでの最終話の放送から1年以上経った、ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ、今だに良い評価を得ています。まずは、
DirecTV Top 10 2007-2010
(DirecTVが拾って続編製作してほしい番組10選)DirecTV 2010 ターミネーター
参考:[DirecTV Top10]
DirecTV は他の放送局でキャンセルとなった番組をよく引き継いで、続編またはNew Seasonを作るTV局として知られており、そこで、一番ピックアップしてほしい番組No.1にTSCCが7月の発表にて選ばれています。4位には日本でのDVD販売が決まった、ドールハウスがランクイン。
ちなみにDirecTV、最近、打ち切りになったドラマ、
続きを読む >>
Sarah Connor Chronicles;TSCC|-|TSCC-TopTSCC サラクロ 2010年の評価
| 1/2PAGES | >>