Search This Site:
>更新履歴一覧:Update Log
>ロケ地から見るTSCC
>サイトマップ:Site Map
>トップページ:TOP PAGE
Get to Save TSCC !
オリジナルサウンドトラック
サラ・コナー・クロニクルズ オリジナル サントラ OST

ガイド本+インタビュー
サラ・コナー・クロニクルズ 未公開 DVD 動画

まわし蹴りはジャッキー・チェンより高さがあるサマー・グローのセレニティー Serenity..TV→映画復活例。ジョシュ・ウェドン作↓
セレニティー Serenity
祝★セル・レンタルNo.1
サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD1未公開映像ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD2BOX
シーズン1第1〜2話+第3〜9話
Terminator TVシリーズ2 第3話まで +未公開シーン動画セカンドシーズン第4〜13話 未公開映像シーズン2第14〜22話最終
シーズン2第1〜3話+第4〜13話+第14〜22話最終章
サラ コナー クロニクルズ レンタル 動画 無料 お試し
レンタル Rental

ターミネーター グッズ 商品 フィギュア
ターミネーター グッズ

ユニバーサルスタジオジャパン
■ターミネーター2:3-D
日本でターミネーターに会える場所。「Terminatorの孫の手」グッズも豊富。映画の世界にどっぷり浸りたい人向き。
            
Ads.
       
サラクロのパクリが多いジェニシス(ジェネシス)
サラ・コナー・クロニクルズで見たことあるようなパクリ・シーンが多いのが気になる「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」。そもそも当初発表された『ターミネーター: ジェネシス』 (Terminator: Genesis)というタイトルからして、創世記(Genesis)ベースのサラ・コナー・クロニクルズのパクリ臭プンプンであったが、それが批判を浴びたのか、数ヶ月後には『ターミネーター・ジェニシス』 (Terminator Genisys) と造語スペルに変えたようだ。
タイトルや脚本だけかと思いきや、実際の映画内のシーンも、ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズのパクリ・シーンが多すぎる。
まず、
例1:車に衝突して決めゼリフを吐く のパクリ
サラ・コナー・クロニクルズ(シーズン1第2話)の、キャメロンが車にはねられ、フロントガラスを突き破った顔から気の利いたセリフを車内に吐くシーンと、
ジェニシスの、ゴールデンゲートブリッジ上で、シュワルツェネッガーが車にはねられ、フロントガラスを突き破った顔から気の利いたセリフを車内に吐くシーンが瓜二つ。
この車への衝突シーンに留まらず、続いてはこのタイムトラベルの到着シーン。↓
続きを読む >>
ターミネーターTerminator|-|TSCC-Topサラクロのパクリが多いジェニシス(ジェネシス)
ターミネーター5:Terminator5:T5

2013年6月12-14日
オーストラリアの3都市(パース-シドニー-メルボルン)で行われた the 21st Century Financial Education Summit in Australiaに出席したアーノルド・シュワルツェネッガーが、ターミネーターの映画5作品目の撮影が、2014年1月から始まる予定で、それに出演することを発表した。

シュワルツェネッガーの発言:“I’m very happy that the studios want me to be in Terminator 5 and to star as the Terminator, which we start shooting in January…”(映画スタジオが1月に撮影開始するターミネーター5に、ターミネーター役として私に出演してほしいといってくれたことが嬉しいよ。)
下記動画の1:40頃からその発言を確認できる。
http://youtu.be/QhRO8vjpYRo
(かなり頭が薄くなっているのが気になるところ)
その他のインタビュー http://youtu.be/-fUg_kD3fzQ


ターミネーターについては、2009年に公開された「ターミネーター・サルベーション(ターミネーター4)」が大赤字に終わり、製作権利会社が倒産。その後、製作権利が売りに出され、2011年5月12日アンナプルナ社が権利を獲得したものの、その後、製作が難航していた。2012年には一旦、脚本家が決まっていたものの、シュワルツェネッガーが口を出し、脚本家を変えさせたことも、製作が遅れたことの一因でもある。


但し、現時点ではっきりしているのは、脚本はジェームズ・キャメロンは担当していないということ。そして監督(未定)自体もジェームズ・キャメロンが担当しないことはキャメロン自身が以前より明言しているため、2014年から撮影が始まる「ターミネーター5(仮名)」のデキもあまり期待できない。実際、シュワルツェネッガーが出演した「ターミネーター3」も赤字に終わっており、このシリーズの成功の可否は、ジェームズ・キャメロンが監督と脚本を担当するか否か、で雲泥の差が出ている。


噂では、今回新たに練り直されたターミネーター5は、1940年代-1950年代頃を舞台にするらしい。ターミネーター3と4が、ストーリーと舞台設定を間違い、勘違い方向へ時計の針を進めてしまったばかりに大失敗した轍を踏まえてのものらしい。


いずれにしても「映画は期待しないで観れば、どの映画もそこそこ楽しめる」ので、「無期待は最大の興奮剤」のテイで臨めばよいのかもしれない。

続きを読む >>
ターミネーターTerminator|-|TSCC-Topターミネーター5:Terminator5:T5
2.28 誕生日のジョン・コナー・クロニクルズ
2月28日は、ジョン・コナーの誕生日
〜today is the day〜

ジョン・コナーの誕生日■1984年5月12日:
T-800とカイル・リース到着
↓3日間のバトル
■1984年11月10日:
サラコナー、メキシコへ「嵐が来る」
■1985年2月28日ジョン・コナー誕生
※ターミネーター2パトカーの画面より(T2時10才)


日本ではあまり知られていないが、実はサラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトンの実の子供がジョン・コナーとして登場している。

続きを読む >>
ターミネーターTerminator|-|TSCC-Top2.28 誕生日のジョン・コナー・クロニクルズ
ターミネーター3の楽しみ方:T3の失敗3

「ターミネーター3」、蛇足作品として有名だが、随所に見所がたくさんあるので、世間でよく指摘されている、その楽しみ方をまとめてみた。


まず、上の蛇が登場したT-850ことシュワルツェネッガーが未来からタイムトラベルで現代へ裸で到着した登場シーンの後、T-850は「レディースナイト」のショウが行われているバーパブへ、服を探しに行くシーン。

続きを読む >>
ターミネーターTerminator|-|TSCC-Topターミネーター3の楽しみ方:T3の失敗3
ターミネーター5のやる気は満々だよ:シュワ
何やらすっかりおじいちゃんになったアーノルド・シュワルツェネッガーですが、そんなシュワが最近 語ったMetro(メトロ) 2012年10月16日(日本時間10/17)の語録。
シュワT5にやる気
http://www.metro.co.uk/film/915125-arnold-schwarzenegger-i-am-absolutely-up-for-doing-terminator-5
The action hero told Metro he is ‘definitely up’ for doing Terminator 5・・・‘They’re (movie producers) working on a script,’‘It could happen, probably in the next year. I am absolutely up for it.’
(シュワルツェネッガーがメトロに語ったところ、)
続きを読む >>
ターミネーターTerminator|-|TSCC-Topターミネーター5のやる気は満々だよ:シュワ
ターミネーター5に進展なし:シュワ・インタビュー
2012年11月号のイギリスのEmpire(エンパイア誌)にてアーノルド・シュワルツェネッガーがインタビューに応えている。その中で「ターミネーター5」についてシュワ自身が言及し、「特に何も進展はない」とのこと。
エンパイア誌 Empire←EMPIRE, November 2012
(エンパイア誌 2012年11月号)
この中で、州知事退任後、主演としては復帰後第一作目となる新作映画「ザ・ラストスタンド」についてのインタビューの中で、インタビュアーが「ターミネーターの続編」について尋ねたところ、シュワルツェネッガーは以下のように答えている。
Schwarzenegger:“I think (producer) Megan Ellison owns the rights to ‘Terminator 16,’ or whatever it is. They have been trying to put a script together but I’ve not seen it, so I’ve no idea. There’s nothing on the drawing board at this point. Nothing on the plan.”
続きを読む >>
ターミネーターTerminator|-|TSCC-Topターミネーター5に進展なし:シュワ・インタビュー
ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ・ダイジェスト
Q.ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズとはどんな内容と結末ですか?スパっと説明していただけるとありがたいです。

A. 「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」は「ターミネーター4」(Salvation)につなげるために作られたというより、
ターミネーター1と2から続き、そしてT1とT2の背景へ帰結する
ように作られています。

「どうしてターミネーター1と2でカイル・リースやT-800を未来から現代へ送られてくることになったのか」

という背景が、サラ・コナー・クロニクルズのストーリー全般を通じて描かれており、よく見ればシーズン2で内容的にはそれなりに「完結している」とも言えます。

---(まず、以上が概要です)-------


次に、ターミネーターサラコナークロニクルズの内容と結末ダイジェストです。
続きを読む >>
|-|-|TSCC-Topターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ・ダイジェスト
ロケ地で見るTSCC:ドラマ ロケ地 ガイド
ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ
の ロケ地 及び 伏線 リスト (日本語版)
世界中で当サイトにしかない情報も多数有。
表記「シーズン1第1話」=101
(still updating・・・)
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Topロケ地で見るTSCC:ドラマ ロケ地 ガイド
75%がシュワルツェネッガーに否定的
2011年5月に離婚・隠し子発覚に端を発し、公文書偽造、公費乱用等々様々な問題が露呈したアーノルド・シュワルツェネッガー。 時間の経過とともに「ほとぼり」は冷めるどころか、6月下旬になってもシュワルツェネッガーの人気は下降の一途をたどっている。
75%(4人中3人)のカリフォルニア州民がシュワに否定的
75%がシュワに嫌悪感
http://www.latimes.com/news/local/la-me-arnold-poll-20110618,0,1435976.story
当然のことだろう。シュワがやったことは単に家族問題ではなく、公人による公的なウソであり、カリフォルニア市民及び世界の映画ファンへの重大な裏切りだからである。功労者の妻に不義を働き、隠し子という「履歴に公的なウソ」を万人の前でついて州知事に就任。任期中は何をするともなくカリフォルニアの財政赤字を3倍に悪化させ、自身は公用車を使って、つまり血税を使って商売女と遊びほうけていたのだから。
【カリフォルニアの失われた7年】
この現在の「75%の不評」は、シュワが州知事在任中の低支持率時よりもさらに低い評価を更新したそうだ。カリフォルニアにとってはシュワルツェネッガーが州知事として在任していた7年間は、結局、カリフォルニアにとっては不幸な失われた7年間(Lost Seven Years of California)の評価がくだされることとなった。
この現在の世論的なシュワへの不人気・嫌悪感が今後、彼が出演するTV作品や映画にどの程度影響するかは不透明だが、元々1990年台後半から生じていた人気の陰りにかなり拍車がかかることは間違いない。
特に全米の女性からの支持喪失が顕著であり、これでおよそ50%のファン層は失ったことになる。加えて「家族愛」を全否定してしまっているシュワの行為はファミリー層の獲得も難しくさせ、結局、シュワの支持者は彼と同じような趣向をもつ、つまりバイ○グラなどに非常に興味を持っているような一部のオヤジやボーイズ層だけ、となっている。
男性の一部の層だけしか集客効果がない、となると、結局、今後シュワがなんらかの作品に出演したとしても、騒ぎ(話題)にこそなれど、フタを明けてみればドン引き・・・だった「バットマン Mr.フリーズ・・・」や「ターミネーター3」などと同じ結果に陥ることが確実である。
今後シュワルツェネッガーがいかなる映画作品において「愛」だの「義」だの「絆」だの説いたところであまりに白々しく興ざめもはなはだしい。子供だましの茶番でドン引きである。

人間、およそ一人の人間に割り当てられている「喜怒哀楽」は概ね決まっている。「快楽」を先取りし過ぎた人間には当然、その報いが人生の後半に応報される。
ニュース News|-|TSCC-Top75%がシュワルツェネッガーに否定的
ターミネーター権利オークション売却←T4製作会社破産
2011年5月12日:カンヌにて、Megan Ellison(ミーガン・エリソン)率いるインディーズ系を主とする映画会社 Annapurna(アンナプルナ)社が「少なくとも2作品以上のターミネーター関連作品を制作できる」という「ターミネーター映画化権」をパシフィコーから獲得。(直前まで落札有力と見られていたLionsgate/ライオンズゲート社は2010年1月に続いて2度目の落札失敗。)
→参考:[ターミネーター5]
ターミネーター権利2011年
http://www.deadline.com/
2011/05/cannes-megan-ellison-wins-terminator-rights-auction/
但し、1.ジャスティン・リンに監督させる、ということ 及び、2.来年65才のアーノルド・シュワルツェネッガーを次期作品に取り込むことは、興行的にかなりギャンブル、とみて、このパッケージ化された権利競売に最終的には手を出さなかった映画会社も多かった模様。
続きを読む >>
ニュース News|-|TSCC-Topターミネーター権利オークション売却←T4製作会社破産
| 1/21PAGES | >>