Search This Site:
>更新履歴一覧:Update Log
>ロケ地から見るTSCC
>サイトマップ:Site Map
>トップページ:TOP PAGE
Get to Save TSCC !
オリジナルサウンドトラック
サラ・コナー・クロニクルズ オリジナル サントラ OST

ガイド本+インタビュー
サラ・コナー・クロニクルズ 未公開 DVD 動画

まわし蹴りはジャッキー・チェンより高さがあるサマー・グローのセレニティー Serenity..TV→映画復活例。ジョシュ・ウェドン作↓
セレニティー Serenity
祝★セル・レンタルNo.1
サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD1未公開映像ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD2BOX
シーズン1第1〜2話+第3〜9話
Terminator TVシリーズ2 第3話まで +未公開シーン動画セカンドシーズン第4〜13話 未公開映像シーズン2第14〜22話最終
シーズン2第1〜3話+第4〜13話+第14〜22話最終章
サラ コナー クロニクルズ レンタル 動画 無料 お試し
レンタル Rental

ターミネーター グッズ 商品 フィギュア
ターミネーター グッズ

ユニバーサルスタジオジャパン
■ターミネーター2:3-D
日本でターミネーターに会える場所。「Terminatorの孫の手」グッズも豊富。映画の世界にどっぷり浸りたい人向き。
            
Ads.
       
ターミネーター 名言集
T4のDVD/BD販売記念のリップサービスでマックG監督がまだT5,T6続編製作へ意欲満々の意思表示をしていた*1 が、オーナーの意向次第でシーズン途中でも監督は解任させられるのは映画もプロ野球も同じ。悲しき監督のサガ。
2010年2月1日前後のターミネーター権利オークションで新オーナーが決まったにも関わらず、進展がなく長い長ーいホリデーシーズン(保留)状態に入ったターミネーター・フランチャイズ。
→[ターミネーター5]と[ターミネーター権利] ・・・そんなわけで・・・
Who Will Be Back ?
James Middleton ジェームズ ミドルトンJosh Friedman ジョシュ・フリードマンJoss Whedon ジョシュ・ウェドンMcG マックG Salvation 監督
このシーズンオフはTerminatorを10倍楽しむ名言集復習で基礎体力作りを。
I'll Be Back.】:
Summer Glau We are back 画像
↑(TSCC第1話)青い目に気をとられて気づかなかった人も多いのでは・・・アメリカではこのシーン(セリフ)で茶の間にどっと笑いと拍手が起きたわけで・・・
言わずと知れた、ターミネーター・シュワちゃんの名言‘I'll be back.’に対する返答ともいえる応用編‘We are back.'をシーズン冒頭でキャメロンがさらりと言ってのけました。なのでフジTVもShe'll be back.と。
Ill be back ターミネーター名言集
↑全シリーズ登場率100%のセリフ‘I'll Be Back.'とその応用編。基礎の基。
デレク・リース Derek Reese名言集
↑(シーズン2第8話)‘I'll be back.’のさらに上級者的応用‘It Won't Be Back.'(=It will not be back.)をデレック・リース(ブライアン・オースティン・グリーン)が発してます。He ではなく、It(モノ扱い)にしているところがミソ。決してターミネーターを人扱いにはしないデレクならではのこだわりと、「(我々が始末するから)メタルはもどってこない。安心しろ。」という自信も引っ掛けられたシャレたセリフ。秀逸です。

There's a Storm Coming. 】:
ターミネーターのスピンオフはすべてはここから始まりました。実はこのT1でサラ・コナー演じたリンダ・ハミルトン、撮影当時27歳↓・・・キャメロンを演じたサマー・グローも27歳・・・同い年(!)「若さ」とはつまり「柔軟性」のこと。バレエって若さを保つものらしい→Dance is the hidden language of the soul.
↑ターミネーター1のエンディング。未来へつながるサラ・コナーの写真を撮ったロナウジーニョみたいなガキンチョがスペイン語で「嵐がやってくる(英訳:There's a storm coming.)」と言い残し、これからいろんなことが起きることを暗示。T1の終わりとともに、ターミネーター・シリーズ(スピンオフ)に「よーい、ドン」の号砲がかかった瞬間でもあった。
Theres A Storm coming ターミネーター嵐
このシーン撮影時は監督のジェームズ・キャメロンもまさかホラー映画として作られたターミネーターがここまでヒットすることは予想だにしておらず、ご覧の通り、当時のサラ・コナーは声も高く、衣装その他全体的にお嬢様風に仕上げ(=ホラー映画のヒロインはお嬢様である、という1980年代当時の鉄則)。T2からはサングラスと戦闘服ファッションを多用することでサラ・コナーを強くみせかける仕掛けあり。車の運転時にサラ・コナーのナレーションが入るのもここから→T2→TSCCへと引き継がれている。 サングラスやアーミー服に頼らなかったTSCCのサラ・コナー役レナ・ヘッディもいさぎよい。リンダ・ハミルトンよりもオチャメ&ヤンキーっぼさが役に合っていた。
“Hey,there's a storm coming.” by Charley Dixon(シーズン1第6話)
No Fate What We make
チャーリー:“What was that thing that you always said?
‘There is no fate but what we make.'?・・・Remember?

このシーン、チャーリー、ターミネーター名言集連発している。

【 No Fate 】:
上のサラ・コナーとチャーリーとの会話にも登場した No Fate, what we make・・・これはもうターミネーターシリーズの至るところに出てくる、ターミネーター・サガの一番主要なテーマ。未来のジョン・コナーから父親カイル・リースに託して母親サラ・コナーへの伝言「運命は決まっていない。自ら切り開くもの。」
No Fate の意味・・・は、fate(定まった運命)はない(no:ノー)ということ。fateとdestinyはどちらも「運命」という意味の同義語だが、fateのほうはどちらかというと「良くない、マイナスな運命」を指す時に使われる傾向がある。
ターミネーター What we make
カイル・リース(T2):“On your feet, soldier! The future is not set. There is no fate but what we make for ourselves.”“Pain can be controlled.”・・・等々、T2とまったく同じセリフとシーンがTSCCにもオマージュとして盛り込まれています。というか、このシーンを撮りたいがために、シーズン2第14話(The Good Wound)を挿入した模様。
No Fate T2 ターミネーター サガ
On your feet・・・そんな意味もこめられてのこの力強いショット↓ →[No Fate バッジも登場するターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ]

【 Come with me if you want to live 】:
カイル・リースといえば、このセリフ。「サラ・コナー・クロニクルズ」では3回も登場。シーズン2第14話でカイル・リース自身が、第7話でシルバーマン博士がT2を回想、そして第1話で颯爽とキャメロンが。
Come With Me キャメロン 名言集 画像
↓すべてがこのオトンとオカンの物語から始まった・・・Come with me!
Come With me ターミネーター5 名言集
カイル・リースは結局、T3以外では全作品でこのセリフをはいたことになる。こうやってみていくと「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」がいかにT1、T2を大切にしていることがセリフからもわかる。反面、T3が一番メッセージ性がなく、外れて余興に走ってしまっていることがセリフからもわかる。(というか、T3はセリフはほとんどなく、英語がわからない人間が字幕なしで見ても支障がないアクション映像をつなげただけの内容である。)T3、無いことになってしまったの仕方がないかもしれない。
・・・
それ以外にも‘Hasta la vista, baby’やら‘Thank you for explaining.’やら作品毎、キャラ毎に名言がターミネーター・シリーズにはあるが、それらはまた改めて。

-(本日の復習)-

“No Fate.”
“There's a Storm Coming.”
“Come with Me If you want to live.”
“I'll be back.”

おまけ〜“Come with me If you want to live.”〜4連発
▼ ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ by Cameron

▼ターミネーター1 by Kyle Reese(マイケル・ビーン)

▼ターミネーター2 by シュワルツェネッガー T-800 Model-101

▼ターミネーター4(Terminator Salvation) by Kyle Reese

*1・・・マックG 12月5日の発言要約
(冒頭記述の解説)Terminator SalvationのDVD/BD発売を記念してのチャットにて。「自分はSalvation(T4)の続編、残り2作(T5,T6)は作りたいと思ってる。そのうちの1つは未来のサラ・コナーについて描くつもり。(歴代のターミネーター・シリーズの中でT4の評価が低いのが意外だが)T4はT3よりかはマシだったと思っている。」とのこと。但し、前述の通り、次のターミネーター・オーナーの意向では監督降板の可能性あり。もし監督継続したとしても、T4とは大幅な路線変更が求められるのは必須。マックGが今回、サラ・コナーを次回のスポットとして挙げてきたのは、おそらくT4の失敗(母性の賞揚の欠如)を悟ったからでしょう。但し、マックG自身は「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」は1話しか見ていない。なのでマックGがもしサラ・コナーが登場するターミネーター作品を作るとしたら、また違う女優さんによるまったく別のサラ・コナーになってしまうことになり、あまりよろしくないですね。ただ、マックGが続編を手がける可能性は今のところ低いですが・・・個人的には、以前同様、ジョシュ・フリードマンか、サマー・グローを大事にし、ターミネーターへもアナログ的な愛情をもっているジョッシュ・ウェドンのどちらかに、「サラ・コナー・クロニクルズ」続編のメガホンを取ってほしい、という希望はありますが・・・ 

ターミネーター・フランチャイズ
▼T1・・・・▼T2・・・▼T2.5 SCC・・・▼T3・・・T4

ターミネーター1 Terminator1ターミネーター2 T2 ダブルエディションターミネーター2.5 サラ コナー クロニクルズターミネーター3 Rise of Machines
ターミネーター サラコナー セカンドシーズンTSCC シーズン2ターミネーター4 Salvation
ターミネーターの産みの親:ジェームズ・キャメロン監督(T1とT2の監督およびエイリアン2やタイタニックも監督)作品日本上陸。
これまでにない新3D技術起用の映画『アバター』(AVATAR)
アバター オリジナルサウンドトラックアバター公式ガイド本アバター解説 DVD でーた 2009年12月号
↑音楽もエイリアン2と同じ、ジェームズ・ホーナー担当。
常に新しい映画撮影技術を追究しているジェームズ・キャメロン監督いわく「カラー映画から白黒映画にもどらなかったのと同じように、このアバターを機に、私はもう(3Dから)ふつうの二次元の映画にはもどることはない。」と公言。今後はずっと3D映画を撮り続けるとのこと。ターミネーターも「T1とT2で完結した。」と言い切ってその後、タッチしていない有言実行のキャメロン監督。(なので一生懸命、T1&T2とT3・T4をつなげようとしている人がいたら、それは意味のない、不毛な作業をしているということだろう。)

TAGS:ターミネーター/Terminator/ターミネーター5/サガ/James Middleton/James Cameron/Josh Friedman/Joss Whedon/McG/
2019年問題:ジェームズ・キャメロン >><< サブリナ・ペレス Sabrina Perez
ターミネーターTerminator|-|TSCC-Topターミネーター 名言集
スポンサーサイト
|-|-|TSCC-Topスポンサーサイト