Search This Site:
>更新履歴一覧:Update Log
>ロケ地から見るTSCC
>サイトマップ:Site Map
>トップページ:TOP PAGE
Get to Save TSCC !
オリジナルサウンドトラック
サラ・コナー・クロニクルズ オリジナル サントラ OST

ガイド本+インタビュー
サラ・コナー・クロニクルズ 未公開 DVD 動画

まわし蹴りはジャッキー・チェンより高さがあるサマー・グローのセレニティー Serenity..TV→映画復活例。ジョシュ・ウェドン作↓
セレニティー Serenity
祝★セル・レンタルNo.1
サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD1未公開映像ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD2BOX
シーズン1第1〜2話+第3〜9話
Terminator TVシリーズ2 第3話まで +未公開シーン動画セカンドシーズン第4〜13話 未公開映像シーズン2第14〜22話最終
シーズン2第1〜3話+第4〜13話+第14〜22話最終章
サラ コナー クロニクルズ レンタル 動画 無料 お試し
レンタル Rental

ターミネーター グッズ 商品 フィギュア
ターミネーター グッズ

ユニバーサルスタジオジャパン
■ターミネーター2:3-D
日本でターミネーターに会える場所。「Terminatorの孫の手」グッズも豊富。映画の世界にどっぷり浸りたい人向き。
            
Ads.
       
パーシング・スクエア Pershing Square:スピードの公園
10月3日(日)21:00〜映画「スピード(Speed)」が地上波でまた放映されるのでそのついでに「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」ロケ地メモ14。シーズン2第10話:邦題「3つの点」↓
サラ・コナーとアカギ DAKARA
公園内のカフェでコーヒーを飲みながらサラ・コナーと談笑する、
日系企業DAKARA SYTEMS(ダカラ・システムズ)の社長アカギ。
パーシングスクエア Pershing Square
目立つ緑のオープンカフェの日よけテントとそこに書かれている文字、
そしてサラとアカギの背景には、見慣れたロサンゼルスのビル群のショット↓
ビルトモアホテル  ターミネーター ロケ地
・・・がしっかりと映っているこの場所は、有名なパーシング・スクエア(Pershing Square)である。スクエアという通り、四角形の1ブロック(1区画)がそのまま公園になっている。TSCCの数々のロケ地の中で、一番ダウンタウンの中心部に近いのがこのパーシングスクエアである。
Pershing Square Terminator Sarah Connor Chronicles
元々は移民がキャンプしていた場所だったのが緑地公園となり、ちょうど「ターミネーター1」(1984)〜「ターミネーター2」(1991)頃、治安が悪化(→T1の路地裏からも当時の様子はうかがえる)。ヤク(ドラッグ)の売人やヤク中の巣窟になってしまったため、メキシコの建築家Ricardo Legorreta(リカルド・レゴレッタ)のデザインの下、1994年にリニューアル。今のポップなデザインのコンクリートを多用した、見通しの良い開けた感じになり、だいぶクリーンなイメージになった公園。ベートーベンの銅像などもある。公園入口も大きく広角に作られ、中が見えやすいように工夫され、治安改善へ向けたLAの都市整備計画の努力の跡がうかがえる。が、今だにホームレスやら怪しげな人たちは多いことは多い。
パーシングスクエア 見取り図
A がサラ・コナーとアカギがいたカフェ↑↓(下図clickでGoogle Mapへ)
パーシングスクエア Pershing Square Map
B が映画「スピード」で現金受け渡しのゴミ箱の場所、
C が映画「スピード」で狙撃手が構えていた塔(Waterfall)、
D がMillennium Biltmore Hotel(ミレニアム・ビルトモア・ホテル)

公園を見下ろすレンガ立ての奥ゆかしい建物のMillennium Biltmore Hotel(ミレニアム・ビルトモア・ホテル)はWBC(World Baseball Classic)の選手らのLAでの宿泊場所。アメリカン・アイドルのファイナルの会場であったり、「ビバリーヒルズコップ」「インデペンデンスデイ」「ゴーストバスターズ」「トゥルーライズ」やら、多種多様な映画に登場してきた高級ホテル。そしてこの公園が使われた有名な映画は「スピード」である。
パーシング・スクエア in 映画「スピード」(SPEED)
映画 スピード 公園の塔
↑パーシングスクエア北東角の入口(上地図 B )のゴミ箱が犯人(デニス・ホッパー)からの現金受渡し場所に指定され、シンボルの塔(C:Waterfall)にまで狙撃手を配置する警察(←この時点で犯人は普通には現れないことの前フリ)。
映画 SPEED キアヌ・リーブス
異変を察知しゴミ箱をひっくり返すキアヌ・リーブス。背景にはホテルD。
スピード 公園のゴミ箱 パーシングスクエア
ゴミ箱下の地面には穴が。もちろん実際には穴はないハリウッドマジック。
ハリウッドマジックはマジックゆえに純粋に楽しんだ者勝ちである。
現在も公園の端には色形は違うが、ゴミ箱は実在している。
映画スピード地下鉄パーシングスクエア駅
そのまま舞台は地下の地下鉄「パーシング・スクエア駅」へ展開。
映画 スピード オリジナル・サウンドトラック映画「スピード」(SPEED)
オリジナル・サウンドトラック

パーシング・スクエアの下は実際に地下鉄「パーシング・スクエア」駅になっており、ポップでカラフルな駅が映画でもそのまま使われ、劇中、階段をおりるキアヌ・リーブスの背後にもしっかりと「Pershing Square」の駅看板が確認できる。LAの地下鉄はそれぞれ駅によってデザインが違っていておもしろい。例えばハリウッド駅などは映写機をモチーフにしたモニュメントなどが置いてある。
TSCC同様、「スピード」も舞台としてのロサンゼルスを、上空、路面、地下・・・といろいろな角度から満遍なく楽しめるLA観光案内映画である。
パーシング・スクエア in TSCC(シーズン2第10話)
レナ・ヘッディ パーシング スクエア
パーシングスクエアにて撮影中のレナ・ヘッディ(発音は「ヒディ」が正しい)。背後のカフェのスタンドは実際のオープンカフェのものがそのまま使われている。尚、サラ・コナー(レナ・ヘディ)の正装が見られるのはこのシーズン2第10話のDAKARAのシーンと、下のシーズン1第5話の刑務所のシーンの2話だけである。ふだんサラ・コナーはブーツ基調のカジュアル/セミカジュアルなファッションが多いため、大変貴重な2話である。
レナ・ヘディ サラ・コナー・クロニクルズ
↑サングラスもレナ・ヘディはこの変装シーンの一度しか掛けていない。
リンダ・ハミルトンリンダ・ハミルトン as サラ・コナー in T2
シュワちゃんもそうだが、ともすれば強さを演出するために、サングラスはよく多用される小道具だが、サラ・コナーを演じるにあたって、サングラスにいっさい頼らなかったレナ・ヘッディはいさぎよくてかっこよい。新たなサラ・コナー像を確立した。革ジャン+ジーンズ+ショットガンスタイルもよいが、今度はレナ・ヘッディのスーツ姿でのアクション・シーンもみたいものである。レナ・ヘディ出演作品群↓
映画 ブロークン映画 300映画 ザ・シューター四角い恋愛関係
女性からの人気が多い特徴があるレナ・ヘッディ。
DAKARA な人々:
ダカラ・システムズ(シーズン2第10話)で登場した「日本人」は3名↓
サラ コナー クロニクルズ 日本人 Japanese JAPAN in TSCC
1.Alex AKAGI役:Eric Steinberg(韓国系アメリカ人俳優)
2.Xander AKAGI役:Eddie Shin(韓国系アメリカ人俳優)
3.Minamoto役:TJ KAYAMA(日系アメリカ人俳優)

>>>参考:「サラクロの中の日本」
キャメロンことサマー・グローの日本語がそこそこがんばっていただけに、↓
Cameron/Summer Glau Japanese Speech Scene

・・・Dakara Systemsの会社のロゴのカタカナのフォントは
もう少しがんばってほしかった・・・↓
DAKARA Terminator Sarah Connor Chronicles
あちらで撮影で使っているパソコンのフォントがこれしか出力(表示)できなかったのだろうか。ただ、日本語というのは世界で1/68億人程度(=1.47%程度)しか話されていない、かなりマイナーな言語である。我々がもし撮影用にハングルやアラビア語を突然 出力しろ、と言われても至難の業であるのと同様、ここは日本語(カタカナ)にも果敢にチャレンジしてくれたTSCC製作者およびサマー・グロー、レナ・ヘッディに拍手を送るべきだろう。
Lena Headey Spoke Japanese TSCC←「ども ありがと。」(DOMO ARIGATO)
サマー・グローの後に、何気にごにょごにょっと日本語を話すレナ・ヘッディのはっきりしない ごまかし恥ずかし加減がKAWAII。
(Lena Headey Spoke Japanese “DOUMO ARIGATO.”means “Thank you very much.”in TSCC Season2 Episode10.)
尚、このパーシング・スクエアのすぐ近く、1ブロック(約200m)南にあるのが、ターミネーター1でのカイル・リース到着地点の路地裏である。「路地裏とキャメロン交通事故現場」 参照
T1 カイル・リース W 7th St
パーシング・スクエアで昼間のシーンを撮影した後はホームのワーナー・ブラザーズ・スタジオセットにもどって夜のシーンを撮影している。↓

TAGS:ターミネーター/Terminator/サラ・コナー・クロニクルズ/Sarah Connor Chronicles/赤木/Lena Headey/レナ ヒディ/Los Angeles Downtown/ヘッデー/Film Location/アレックス・アカギ/赤城/カヤマ/Keanu Charles Reeves/エリック・ステインバーグ/スタンバーグ/Imagine Me & You/エディ・シン/四角い恋愛関係/ザ・シューター/the Contractor/ブロークン/300 スリーハンドレッド/broken/
最近のクロニクルズ >><< キャサリン・ウィーバーの家 Catherine Weaver's House
メイキング TSCC|-|TSCC-Topパーシング・スクエア Pershing Square:スピードの公園
スポンサーサイト
|-|-|TSCC-Topスポンサーサイト