Search This Site:
>更新履歴一覧:Update Log
>ロケ地から見るTSCC
>サイトマップ:Site Map
>トップページ:TOP PAGE
Get to Save TSCC !
オリジナルサウンドトラック
サラ・コナー・クロニクルズ オリジナル サントラ OST

ガイド本+インタビュー
サラ・コナー・クロニクルズ 未公開 DVD 動画

まわし蹴りはジャッキー・チェンより高さがあるサマー・グローのセレニティー Serenity..TV→映画復活例。ジョシュ・ウェドン作↓
セレニティー Serenity
祝★セル・レンタルNo.1
サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD1未公開映像ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD2BOX
シーズン1第1〜2話+第3〜9話
Terminator TVシリーズ2 第3話まで +未公開シーン動画セカンドシーズン第4〜13話 未公開映像シーズン2第14〜22話最終
シーズン2第1〜3話+第4〜13話+第14〜22話最終章
サラ コナー クロニクルズ レンタル 動画 無料 お試し
レンタル Rental

ターミネーター グッズ 商品 フィギュア
ターミネーター グッズ

ユニバーサルスタジオジャパン
■ターミネーター2:3-D
日本でターミネーターに会える場所。「Terminatorの孫の手」グッズも豊富。映画の世界にどっぷり浸りたい人向き。
            
Ads.
       
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|TSCC-Topスポンサーサイト
T5?ゲイル・アン・ハードいわく:Gale Anne Hurd >><< アリソン・ヤング3:モノリス・ハウスとキャメロンの軌跡
|||TSCC-Top
レッド・バレー高校と空港:Red Valley
ロケ地メモ17。「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」シーズン1第1話のキャメロンとジョンが初めて出会った場所・・・
ジャメロン JAMERON SCHOOL
第1話 冒頭のサラの夢の中の核爆弾の高校に次いで登場した、ジョン・コナーが通っていた高校。↓Red Valley Unified School District内の、
Red Valley High School(レッド・バレー高校)
Red Valley High School unified District
この建物もアメリカに実在する・・・が、実はここ、現実世界では高校ではなく小学校と中学校。その校舎のエントランス付近を主に撮影で使用している。↓
(Red Valley Unified School District as・・・)
Sunset View Elementary &James Monroe Middle School
■6121 Paradise Blvd NW, Albuquerque, New Mexico USA
サンセットビュー小学校とジェームズ・モンロー ミドルスクール(中学校)
(アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキ)→[View in Google Map]
JMMS Sunset View Elementary School
A がジョンの逃走経路かつクロマティの追跡経路
B がジョンを撃とうとしたクロマティをキャメロンが車で跳ね飛ばした駐車場
C がキャメロンの車が左折した黄色のスクールバス前
D がサラの双眼鏡に写っていた校舎「6th Grade」(第6学年)
E がそのサラ・コナーが双眼鏡で覗いていた岩の場所
F が運転席のキャメロンの背景に写っていた校舎。
A.
ジョン・コナーの高校と体育館
クロマティの銃撃から教室を飛び出し、体育館前の壁を飛び越えて駐車場へ逃げ込むジョン・コナー。クロマティはグロックのマガジンを換えながらジョンを追いかけ、黄色のスクールバスを倒す。
B.
駐車場 come with me
ターミネーター名言集の1つ“Come with me if you want to live.”(死にたくなければ付いてきて)が登場した駐車場のB地点。
C.
ターミネーターの駐車場
ジョン・コナーをピックアップしたキャメロンは駐車場C地点のスクールバス前を左折して駐車場を出て行く。スクールバス側面の“Red Valley Unified School District”(レッドバレー 総合学区)の文字は架空名の撮影用の印字。黄色のスクールバスを多用することで学校らしさを演出する撮影技法はその後に通ったCampo de Cahuenga High School(カフエンガ条約高校)があるワーナー・ブラザーズ スタジオでも使われている。
D.
6th Grade 第6学年 ジョンの高校
サラ・コナーが遠くから双眼鏡で覗いていた校舎入口。入口にミドルスクールの第6学年の校舎であることを示す「6th Grade」の文字が写っている。ミドルスクール/ジュニアハイスクール(Junior High School)/イミディエイトスクール(Immediate School)は、一般的に第6学年開始-第8学年終了の、日本でいう中学校に相当し、その中学校の校舎が高校として使用されている。
E.
サラ・コナーと学校全景
Eがサラが双眼鏡で遠くから学校の様子をうかがっていた岩場。アルバカーキは砂漠地帯を開拓したため、360度、広い空、広大な砂漠が広がっている。
F.
キャメロンと学校校舎
ジョンをピックアップ後の運転するキャメロンの背景に学校の校舎の F 部分が写っている。本当は C を左折して直進した場合、このアングルでは校舎は写らないのだが、そこはハリウッドマジックということで。
キャメロン語録 “ Thank you for explaining.” 3連発
キャメロン語録 Thank U 4 explaining
尚、この学校ではキャメロン・フィリップス名言集“Thank you for explaining.”「説明、ありがとう。」が早々に登場している。↑シーズン1第1話、4話、7話。その他のキャメロン語録には“ I don't sleep. ”「私は眠らないから。」がある。→[その他のターミネーター名言集]

Pilot:パイロット版
TSCC パイロット版 比較
RED VALLEY, NEW MEXICO SEPTEMBER 6TH, 1999
田舎を演出するために、エキストラの生徒役の多くは、カウボーイハットにジーンズ、ウェスタンブーツを着用させられている。地元民からすれば「都会人による偏見」の声が聞こえてきそうだが・・・
パイロット版(試作の第1話:TV未放送/DVD未収録)では当初、左のようなワープロ文字だったが、TV放送時には右のようなフォントに変更された。
ターミネーター 未放送 画像
その他にもこの学校に関しては、パイロット版には保護者が生徒を連れて学校を出て行く混乱シーンや、FBIエリソン捜査官が学校まで出向いて現場確認するシーンなどもあったりするのだが、TV放送版ではカットされた。
ターミネーター 未収録 映像その理由は、2007年4月16日にバージニア工科大学銃乱射事件が発生したため。この第1話がアメリカで正式に放送されたのは2008年1月13日だが、2007年にクランク・インし、脚本が組まれた同時期にこのバージニア工科大学で銃乱射事件が発生してしまい、TSCCでも当初予定されていたこの学校での銃撃シーンを放送するか否か、が製作者間で随分協議された。しかし「ジョン・コナーはどこにいても、例え学校とて、安全ではない。(No one is ever safe.←劇中何度もこのセリフは登場する。 ※No Fate.同様、TSCCの1つの重要なテーマである)」ことを強調するために、最終的にはこのシーンは残された。↓
クロマティとグロック17 画像
(ジョンを後ろへ追いやり、盾になるキャメロン)
キャメロンの盾
しかし、「学校での銃撃の現場」を掘り下げるシーンはカットされ、「惨事」を和らげ 極力さらっと流す方向で編集されたものが放送されたことがパイロット版と実際の放送版を比較するとわかる。お茶の間対象のTVドラマゆえに映画よりも何かと制限が多い「サラ・コナー・クロニクルズ」である。

空港:Red Valley Regional Airport=Double Eagle Airport
ターミネーターの空港←同シーズン1第1話。
日本国 兵庫県 神戸 生まれのリチャード・T・ジョーンズ(エリソン捜査官)、アメリカ・ニューメキシコ州のド田舎地方空港に降り立つ、の巻。
劇中にもチラっとこの飛行場(Red Valley Regional Airport:レッド・バレー地方空港)の案内版が映っていたが、この看板記載の、
世界のビックリ空港探訪記LATITUDE(緯度):35°08' 42"
LONGITUDE(経度):106° 47' 40"
ELEVATION(海抜):5834 FT.

・・・という表示は実はリアルな数値。↓
(左が劇中の看板、右が実在する本物の看板)
アルバカーキ・レッドバレー空港
この場所は、実在するDouble Eagle II Airport↑(通称:AEG、ダブル・イーグル2空港/アルバカーキの郊外にある小さな地方空港)の座標を正確に指している。右側の本物のダブルイーグル橋港の看板の上半分に赤い表示をかぶせて、架空の「レッドバレー地方空港」の看板に仕上げてある。
実在する看板を生かし、表面だけちょこっと変える手法は、例の1963年設立のセキュリティ・トラスト銀行(貸金庫)のくだりでも登場している。↓
ターミネーター銀行の看板
↑Bank of Albuquerque=Security Trust of Los Angeles
それにしても美術・大道具さんはじめ、製作スタッフは大変そうだ。映画と違って2週間に1話ペースでセットを作らないといけないからである。
このTSCCシーズン1第1話のニューメキシコ州アルバカーキでの主な撮影地をざっくりとまとめると以下の通りとなる。
アルバカーキ ターミネーター 地図
A がレッドバレー空港/ダブルイーグル橋港
B がレッドバレー高校/JMMS&SVES
C がセキュリティ・トラスト銀行
C の銀行とほぼ同位置にあるのが冒頭のサラ・コナーの夢の核爆弾の高校
D が鉄道工場跡地(Barelas Railyard)
E がロサンゼルスまで続く旧「ルート66」(後述・・・)
・・・と このように街の中心部のみで集中して撮影・・・と思いきや、アルバカーキ1つとっても、郊外含め、ロケ地は非常に広範囲に及んでいることがわかる。

TAGS:Terminator: The Sarah Connor Chronicles/ターミネーター サラ コナー クロニクルズ/パイロット/JMMS/未放送/SVES/NM州/裏側/ロケーション/裏話/goofs/アメリカの教育制度/ミドルスクール/エレメンタリースクール/John Connor's High School/映画 撮影場所/Richard T.Jones/JAMERON/Cameron Phillips
メイキング TSCC|-|TSCC-Topレッド・バレー高校と空港:Red Valley
スポンサーサイト
|-|-|TSCC-Topスポンサーサイト