Search This Site:
>更新履歴一覧:Update Log
>ロケ地から見るTSCC
>サイトマップ:Site Map
>トップページ:TOP PAGE
Get to Save TSCC !
オリジナルサウンドトラック
サラ・コナー・クロニクルズ オリジナル サントラ OST

ガイド本+インタビュー
サラ・コナー・クロニクルズ 未公開 DVD 動画

まわし蹴りはジャッキー・チェンより高さがあるサマー・グローのセレニティー Serenity..TV→映画復活例。ジョシュ・ウェドン作↓
セレニティー Serenity
祝★セル・レンタルNo.1
サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD1未公開映像ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD2BOX
シーズン1第1〜2話+第3〜9話
Terminator TVシリーズ2 第3話まで +未公開シーン動画セカンドシーズン第4〜13話 未公開映像シーズン2第14〜22話最終
シーズン2第1〜3話+第4〜13話+第14〜22話最終章
サラ コナー クロニクルズ レンタル 動画 無料 お試し
レンタル Rental

ターミネーター グッズ 商品 フィギュア
ターミネーター グッズ

ユニバーサルスタジオジャパン
■ターミネーター2:3-D
日本でターミネーターに会える場所。「Terminatorの孫の手」グッズも豊富。映画の世界にどっぷり浸りたい人向き。
            
Ads.
       
ターミネーター権利オークション売却←T4製作会社破産
2011年5月12日:カンヌにて、Megan Ellison(ミーガン・エリソン)率いるインディーズ系を主とする映画会社 Annapurna(アンナプルナ)社が「少なくとも2作品以上のターミネーター関連作品を制作できる」という「ターミネーター映画化権」をパシフィコーから獲得。(直前まで落札有力と見られていたLionsgate/ライオンズゲート社は2010年1月に続いて2度目の落札失敗。)
→参考:[ターミネーター5]
ターミネーター権利2011年
http://www.deadline.com/
2011/05/cannes-megan-ellison-wins-terminator-rights-auction/
但し、1.ジャスティン・リンに監督させる、ということ 及び、2.来年65才のアーノルド・シュワルツェネッガーを次期作品に取り込むことは、興行的にかなりギャンブル、とみて、このパッケージ化された権利競売に最終的には手を出さなかった映画会社も多かった模様。
(以下、過去ログ)
2011年5月上旬、「ターミネーター5」水面下のマネーゲーム:McG消滅?
2011年:パシフィコーが権利取扱委託をWME→CAA(Creative Artists Agency)に変更
2011年1月:進展なし(=パシフィコーからのアナウンス無し)。
【ヘッジファンド・パシフィコーがWMEに委託】:(2010年5月〜)
「WMEがPacificor(パシフィコー)の代理人に。」
ターミネーター 権利 代理人
現ターミネーター権利保持者:ヘッジファンドの「Pacificor(パシフィコー)」が、製作実務面の扱いをタレント事務所 WME(William Morris Endeavor Entertainment)に委託、TSCCに出演していたan actor(どうやらブライアン・オースティン・グリーン)がWMEに呼ばれて続編について打診・協議を受けているとのこと。→[詳細]
ウィリアム モリス エンデバー エンターテイメント

(以下、過去ログ)
【競売終了、一旦、ヘッジファンドへ】:(2010年2月〜)
長らく続いていた「ターミネーター権利」競売、あまりキレイではない形で(一応、一時的に?)一段落しました。ソニーでもライオンズゲートでも、いかなる有志な映画製作会社、配給会社、映画関連会社でもなく、2950万ドル(約27億円)でヘッジファンド「Pacificor(パシフィコー)」の元へ。
ターミネーター権利 ヘッジファンド落札
参考:[SCI FI WiRE]
あまり伝えられてませんが、このPacificorというヘッジファンド、以前からターミネーター関連でチラホラと登場しており、元々は今回破産申請したT4製作会社ハルシオンが「ターミネーター権利」を昔 購入する際にお金を借りていた(900万ドルのローンを組んだ)のがこのPacificor。Pacificorとハルシオンの間ではずっとゴタゴタが続いており、ハルシオン側の言い分では、『ローンを組む際にPacificorが「先取特権」(=T4の利益がハルシオンより先にPacificorに落ちる仕組み)を設けたために破産する破目になった』、とPacificorに対して訴訟を起こしていた最中。

ハルシオンはPacificorにお金を借りていた

しかしハルシオンは返さなかった(T4ズッコケで返せなかった)

破産整理でハルシオンは「ターミネーター権利」を競売に出した
が、期待した高値が付かなかった

なのでPacificorはターミネーター権利を担保代わりにもろうた

でも「先取特権」が違法だとハルシオンからイチャモン付いたので
Pacificorは 餞別として少しお金(2950万ドル)を払ってやった
・・・的な。(推察)
なので今回のこの落札は、結局、オープンな競売ではなく、何らかの司法取引的なものが影で働いたのではないか、と思われます。つまり、公には報道はされてませんが、ハルシオン側が訴訟を取り下げる代わりに、Pacificorは「ターミネーター権利」を得るとともに、ハルシオンに対して2950万ドル(約27億円)を支払う、といった取引が裏でなされたように見えます。でないと、当初、ハルシオンは破産申請時に、「ターミネーター権利は時価6000万ドル相当の価値がある」と裁判所に申請していたのに関わらず、その半額以下(2950万ドル)の今回の落札価格とのつじつまが合いません。
・・・
【ターミネーターの今後】:
・・・とまぁ、難しいところはここまでにしといて、で、結局、ターミネーター関連が今後どうなるのか?というと、正直、五里霧中の状態がまだまだ続く、といったところです。競売はひとまず終わったが、オーナーがヘッジファンドである限り、オーナーは決まっていないのと同じで、まだまだどうなるかわかりません。と言うのもこれまで映画の権利をヘッジファンドが所有した前歴はなく、またヘッジファンドが映画やドラマを作るわけでもなく、そしてヘッジファンドゆえに、とにかく利益優先のマネーゲームの単なる投機対象にすぎないでしょうから、高値が付くやいなや すぐに権利を転売する可能性もありますし、高値が付くまで権利を寝かせてしまう可能性もあり、しばらくは二転三転は続くことが予想されます。またしばらくモヤモヤと様子見をしていかなければなりません・・・つくづく不景気ってよくないですね。
・・・
しかし、今回のこの競売一段落をふまえて、アメリカ・カナダのTSCCファンを中心に、また作戦を練り直して、SAVE TSCC運動展開し続けるらしいですよ。
矢印下 画像
(以下、過去ログ)
【 ソニー(ピクチャーズ)が競売参戦 】: (2010.2.07)
以前からお伝えしている水面下で長らく続いている「ターミネーター権利」競売、オークション終了間際に、やはりかねてからうわさされていたソニーピクチャーズも競売に名乗りを挙げた模様。
ターミネーター続編製作 権利競売
参考:[Variety]他各英語メディア
これで複数社が競売に参加、かつ「大手」も参加したことになり、現時点で確実に言えるのは、「ターミネーターという商標権利にまだまだ価値があるとみなしている映画会社が複数あること」、つまり間違いなく「ターミネーターの続編または新作」が何らかの形で数年後には作られるであろう、ということ。
・・・
思うにソニーピクチャーズは、この間、J.キャメロン監督の映画「アバター」の興行成功を見極めて、「今後、3D映画に活路あり」と見越して腰を上げたのではないでしょうか。
まだ競売は最終局面で予断は許しませんが、ソニーピクチャーズが新オーナーになれば、大体的かつ商業的な映画版「ターミネーター」が作られることは最低限、間違いないでしょう。それが以前お伝えした、
1.3Dによるターミネーターのリメイクなのか、2.はたまたマックG監督による「ターミネーター5なのか、
3.別監督によるまったく別のターミネーター映画 なのか、
4.映画のスピンオフでTV版の続編もセットになるか
・・・は現段階では全く五里霧中ですが・・・。
好判断材料としては、ソニーピクチャーズに決定した場合、「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」製作者のジョシュ・フリードマンが現在、ソニーピクチャーズ傘下でTV版「チャーリーズ・エンジェル」を撮っているので、その絡みでTSCCの続編/シーズン3製作方向へ話が広がれば・・・と期待はしているのですが・・・。
引き続き新オーナー決定後の動向が注目されます。
矢印下 画像
(以下、過去ログ)
【 ライオンズ ゲート社がまずは入札 】: (2010.1.15)
以前、下記にてお伝えした、1-2月に決まるであろう「ターミネーター権利」売買で動きが出てきてます。
LA times ターミネーター権利 競売
参考:[LA Times]
まだ水面下の第一段階的なものですが、まずは Lions Gate(ライオンズゲート)社(「SAW」「Cube」などのホラー系映画の製作会社)が今までのところ一番、好条件(高額条件=破産のT4製作会社ハルシオンに$15M+5%キックバック制)を提示している模様。
SAW ソウスライサーキューブ ゼロ
(ライオンズゲート製作作品:SAW(ソウ)/スライサー/キューブ)
このライオンズゲート社の条件を見て、今後、ソニーピクチャーズなどの大手がどう動くか、が注目されるところ。
ただ、景気が良くなく各社 財政事情が厳しいためか、はたまた「Terminator Salvation(いわゆる ターミネーター4)」の興行的失敗からターミネーター権利に魅力を感じないのか、大手の購買意欲は今一つといったところです。
「ターミネーター権利がどこの会社に落ち着くか」で、今後のターミネーターの作風も変わってくるので(例えば、ライオンズゲート社になれば、原点の「ターミネーター1」のようなSFホラー調になることが予想される・・・TSCCもどっちかというと小ぶりなSci-Fi系なので方向性としてはいいのかもしれない・・・)、いずれにしても、まだまだ続く競売。その動向に目が離せません。
矢印下 画像
(以下、過去ログ)
【 ターミネーター権利オークション売却へ 】: (2009.11.03)
以前、末尾でお伝えしていた、「ターミネーター」商標権利がいよいよオークションにて売却へ。1月競売→2月頃に決定(予定)。オークション大好きな方は落札どうぞ。但し、$380M=3億8千万ドル=約342億円から、ですが。
ターミネーター商標権利オークション売却
(参考:CNN)
この「ターミネーター」商標権利には今後の新しいターミネーターという名のつく作品の権利、つまりターミネーター5・6・・・といった続編映画はもちろん、TV番組、スピンオフ(派生)ドラマ・作品を作る権利がすべて含まれているとのこと。但し、これまですでに世に完成品として出ているT1〜T4とTSCCの作品の売上からは利益を得る権利は含まれないそうです。
・・・
これにより、次にこのターミネーターの権利を手にした人(会社)の意向次第では、ターミネーターの新しい続編(ターミネーター5やターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ続編)製作に、より具体的な進展がみられるかもしれません。すでにPlatinum EquityやSummit Entertainment(Astro Boy:映画版 鉄腕アトムの会社)、Sony Pictures(ソニー・ピクチャーズ・・・スパイダーマンやメンインブラックなど)、Media Rights Capital・・・といった会社が権利獲得に興味を示しているとのこと。
矢印下 画像
「ターミネーター4」製作会社、破産法申請→権利売却(2009.8.21)
ロサンゼルス・タイムズなどの各報道によると、「ターミネーター・サルベーション」(いわゆる「ターミネーター4」と呼ばれている映画)の製作者の会社が、破産法適用を申請(つまり倒産)したとのこと。
ターミネーター4の会社倒産 破産法を申請
製作者たちが期待していたほどはヒットしなかった「ターミネーター4」(アメリカでは「ナイトミュージアム2」などのほうがヒット)。
Terminator Salvation ターミネーター4 オフィシャル完全ガイドちなみに「ターミネーター4」と表現しているのは、もっぱら日本および一部が便宜上そう呼称しているだけで、正式名称は「Terminator Salvation」、つまり「4」という数字(=1,2,3の続編という意味)は本家本元アメリカではどこにも付いてないんですね。ここがミソなんですが。
「Terminator Salvation(以下、Salvationと表記)」がはたしてターミネーター1・2などの続編と正式に呼んでいいのかどうか、という微妙な空気が元々あり、それはこの「4」という数字を付けていないところにも現れているのです・・・
ターミネーター4 Salvation 動画No1 続編 存続の危機それはそうと、そのSalvationの製作者の会社:ハルシオンことThe Halcyon Companyが、この8月にアメリカ連邦破産法11条の申請を裁判所にしたことが明るみに。
Terminator Salvation オープニング・クレジット
←The Halcyon Companyのロゴは、Salvationの映画冒頭、2つ目に登場してるのでみなさん、目にしているはず。

「ターミネーター」というのはその商標権などが非常にゴチャゴチャしている、かつ高額で、「ターミネーター」という権利獲得のための約900万ドル(約8億5千5百万円)のローンがネックになったようです。これによって、2011年に公開予定の、いわゆる「ターミネーター5」も製作中止の可能性大。また、いつの日か「ターミネーター5」が製作されることになっても、これだけ「ターミネーター4(Salvation)」を失敗させてしまったMcG監督による製作は「ない」可能性が非常に高い。

(続報:2009年9月30日/米国時間9月29日)
T4製作会社、ターミネーター権利 売却方向へ】:
ターミネーター4 破産 T4権利売却
T4製作会社ハルシオンの破産申請のその後の手続きで、ハルシオンの経営者(デレク・アンダーソン&ビクター・クビチェク)が「ターミネーター」の権利を(見積もり約6000万ドル程度で)売却する方向で、すでにソニー・ピクチャーズ他数社が権利獲得に動き始めているとのこと。

破産後の会社再生の手段として、持っている財産をすべて償却するのは全うな手段ではありますが、この裏には、ターミネーター4の興行成績不振を見ての、ハルシオン経営者の思惑があるように感じられます。
つまり、経営者にとって、株や不動産の売買ゲームと同じで、2007年に2500万ドルで仕入れたモノ(権利)を、2009年に6000万ドルで売りさばければ御の字。T4がすごくヒットしていたらそのまま権利を持ち続けていたのかもしれませんが、思ったほどヒットしなかったので、今後の続編(T5、T6)での利益回収に見切りを付け、「今が処分し時」との判断をくだした・・・ようにも感じられますね。
このことから今後、以下数点の可能性が考えられます。
1.このままおくら入り。
・・・評判の悪かったT3同様、T4もなかったことに。もちろんT5,T6もなし。
2.別の会社が権利を購入して・・・
・・・別の会社の下、同McG監督の下、ターミネーター5、6が作られる。
但し、T4が不振だったため、路線やカラーは大幅に変更する必要あり。
3.別の会社が権利を購入して・・・
・・・別の会社の下、ちがう監督によりT5等の続編がいつか作られる。

・・・といったことが考えられます。いずれにしても、当初予定されていた2011年の「ターミネーター5」公開、というのは微妙になってしまいましたね。「Terminator Salvation(いわゆるターミネーター4と呼ばれている物)」が不振だっただけに、その続編が作られるにしても、大幅に方向性やカラー、ストーリー、脚色全般を変える必要があります。

ただ、もし、(いわゆる)「ターミネーター5」が製作中止になったとしても、それはそれで、「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」続編製作には追い風になるかもしれません。
ターミネーター1・2・3・4 TVシリーズ 関係相関図
というのも、「TSCC」がシーズン2で停止となっている要因の1つに、Salvationとのバッティング(内容の矛盾、イメージの衝突等)があったからです。
ターミネーター サラ コナー クロニクルズ サードシーズン3 TSCC Season3例えば、バッティングの一例として、TSCCでは10代のジョン・コナーは、父親のカイル・リースにすでに会った(シーズン2第22話参照)、つまりすでに「お互いを知っている」ことになるわけですが、Salvationでは、30代のジョン・コナーと若きカイル・リースは初対面の設定になっており、TSCCとSalvationの内容が衝突することになり、TSCCがまずは映画であるSalvationにゆずる形となった、という背景があります。
もし、Salvation(いわゆる「ターミネーター4」とされている映画)の続編に暗雲が立ち込めたとしたらしたで、「ターミネーター2」の“正当な続編である”「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」の方に風向きが変わってくるかもしれません。

ただ、いずれにしても、こういったエンターテイメント事業は経済不況のあおりを受けやすいので、早くアメリカ経済が元気になってほしいですね。日本人とすれば、とりあえず、「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」の話題をキープしつつ、DVDを買ったりしておくのが、現状、一番、効果的なファンのあり方と言えるでしょうね。
ターミネーター・サガ
▼T1・・・・▼T2・・・▼T2.5 SCC・・・▼T3

ターミネーター1 Terminator1ターミネーター2 T2 ダブルエディションターミネーター2.5 サラ コナー クロニクルズターミネーター3 Rise of Machines
激レア系 非売品マスコミ用 プレスシート
ターミネーター3 プレスシートターミネーター3 プレスシート 豪華ブック型映画「ターミネーター4」プレスシート非売品

【T-600型USBメモリ】
PS.
ちなみに・・・(株)ソリッドアライアンスというところから、下の写真のような、ターミネーターT-600型USBメモリが発売されることが、2009年8月21日付けで発表されたのですが・・・が、しかし、
ターミネーターT-600型USBメモリ Terminator USB memory
・・・なぜか翌8月22日に、次のような発表が。「ターミネーター4「T-600 USBメモリ」の取り扱いを開始>>>※本リリースの訂正とお詫び>2009年8月21日に配信いたしました「ターミネーター4「T-600 USBメモリ」の取り扱いを開始」につきまして、訂正とお詫びがございます。諸般の事情により本商品の取り扱いができない事となってしまいました。誠に申し訳ございませんが、ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。尚、松竹株式会社運営の『Froovie/フルービー』ではご購入が可能となっております。ご購入をご希望の方は上記サイトからお願い致します。この度は、ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんでした。」とのこと。→[引用サイト(プレスリリース)]
上のハルシオンの破産法申請による権利関係のゴタゴタが影響してるのかもしれませんね。何やら大人の事情の香りがプンプンします。



TAGS:ターミネーター・サガ/Terminator SAGA/ターミネーター5/ターミネーター6/商標権利/映画権/映画化権/倒産/制作/フランチャイズ/franchise/auction
75%がシュワルツェネッガーに否定的 >><< TSCC - No Fate Con:サラクロ・コンベンション
ニュース News|-|TSCC-Topターミネーター権利オークション売却←T4製作会社破産
スポンサーサイト
|-|-|TSCC-Topスポンサーサイト