Search This Site:
>更新履歴一覧:Update Log
>ロケ地から見るTSCC
>サイトマップ:Site Map
>トップページ:TOP PAGE
Get to Save TSCC !
オリジナルサウンドトラック
サラ・コナー・クロニクルズ オリジナル サントラ OST

ガイド本+インタビュー
サラ・コナー・クロニクルズ 未公開 DVD 動画

まわし蹴りはジャッキー・チェンより高さがあるサマー・グローのセレニティー Serenity..TV→映画復活例。ジョシュ・ウェドン作↓
セレニティー Serenity
祝★セル・レンタルNo.1
サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD1未公開映像ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ・ファーストシーズンDVD2BOX
シーズン1第1〜2話+第3〜9話
Terminator TVシリーズ2 第3話まで +未公開シーン動画セカンドシーズン第4〜13話 未公開映像シーズン2第14〜22話最終
シーズン2第1〜3話+第4〜13話+第14〜22話最終章
サラ コナー クロニクルズ レンタル 動画 無料 お試し
レンタル Rental

ターミネーター グッズ 商品 フィギュア
ターミネーター グッズ

ユニバーサルスタジオジャパン
■ターミネーター2:3-D
日本でターミネーターに会える場所。「Terminatorの孫の手」グッズも豊富。映画の世界にどっぷり浸りたい人向き。
            
Ads.
       
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|TSCC-Topスポンサーサイト
高校と鉄道工場跡地 アルバカーキ:TSCCロケ地メモ4
平和じゃないと学校には行けない・・・「平和の象徴」とも言える学校と「親子の愛」を吹き飛ばす核。時節柄、世界的に核廃絶への意識が高まっているが、原子力発電所に続いて、核ネタを。ターミネーター、特に「ターミネーター2」と「サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」は「反核」と「母子愛(母性の賞揚)」がそのテーマの真髄にあり、それが重要な一要素にもなっている。それらが1画に集約されているのがこのシーン。(「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」シーズン1第1話&Pilot↓)
サラ・コナー・クロニクルズ 原子爆弾 画像
私が教師ならTSCCを平和授業や英語の視聴覚教材として使うかも・・・
それはさておき このシーン、よく観るとTV放送(=DVD/BD収録本編)分は、
R Hadley Public Library ジョンコナー 学校1
R. Hadley Public Library
・・・となっているが、パイロット版(未放送の第一話)の「もう1つのオープニング」をよく観ると・・・↓
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Top高校と鉄道工場跡地 アルバカーキ:TSCCロケ地メモ4
恐竜と時間:ロサンゼルス郡立自然史博物館:ロケ地メモ7
NHKスペシャル 恐竜VSほ乳類 1億5千万年の戦い DVD-BOX←先日の某放送局の「恐竜vsほ乳類 1億5千万年の戦い」、おもしろかったですね。「恐竜は鳥になった。」もさることながら、抱卵、有袋類、「胎盤」を発達させることでの脳の増拡、などなど、何億年という「時間」の蓄積が生物に与える壮大な物理的パワーが想像を絶するとともに、人間もまだ進化の途中で、今後、どのように変化していくのか、SF科学の真骨頂「ターミネーター」と追究するテーマがまったく同じでワクワクするものがあります。さて、恐竜といえば、
「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」シーズン1第9話↓
ターミネーター キャメロンと恐竜
学校の課外授業で博物館を訪れたジョンとボディガード中のキャメロン↑
ターミネーター サラ・コナー エンドスケルトン 画像
この博物館も、ワーナー・ブラザーズ・スタジオのセットではなく、ロサンゼルスに実在してまして、ロケ地の場所は、↓
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Top恐竜と時間:ロサンゼルス郡立自然史博物館:ロケ地メモ7
教会3と用水路:TSCC ロケ地メモ8
以前の教会1教会2に続いてターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ ロケ地メモ、教会3。これもはっきりと言及したサイトが国内外ともにないため、当サイトオリジナル ネタかと。スタローン、シュワルツェネッガー in TSCCの続きのシーンですが、ジョンとサラ・コナーを追いかけるキャメロンらがたどりついたこの青い教会↓と、その後のLA名物用水路↓
(シーズン2第1話)
Terminator Church in TSCCターミネーター カーアクション ロケ地
↑ロサンゼルスのダウンタウンにそのまんま実在している。場所は・・・↓
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Top教会3と用水路:TSCC ロケ地メモ8
サラ・コナーの家 John,Cameron's House:ロケ地メモ9
9つ目のロケ地メモはサラ・コナー・クロニクルズのシーズン2の基点となった家。この家に入居する際にもなぜか突然日本が飛び出してくるTSCCは日本が頻出する不思議なドラマでもある。
(シーズン2第2話)管理人兼ご近所さんのKacy(ケーシー)とサラの会話:
Sarah:So you live next door?Where'd the owners go?
Kacy:Oh, they're in TOKYO for a year.Bob's a last-minute fill-in for his boss.Guy stroked out three days before he was supposed to leave.(オーナーは突然、東京へ転勤になったの。)

アメリカの隣国カナダは全編で1回しか登場していないにも関わらず。
サラ・コナーの家 Connors house
ターミネーター・クロマティが一生懸命さがしていたこの家。フィクションでもなかなか見つからない設定だったが、実はノンフィクションでも見つかりにくいところに実在している。しかも意外とロサンゼルスのダウンタウン近くにも関わらず、一般人がなかなか入れない。なぜなら・・・
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Topサラ・コナーの家 John,Cameron's House:ロケ地メモ9
カルバー・シティ・パーク と Leet 1337:ロケ地メモ10
ロケ地メモ9「サラ・コナーの家」の続き、ロケ地メモ10。ジョギングがてらデレク・リースがいつも一休みにホットドッグをほおばっていた公園。
“The usual?”--“Yeah,thanks.”(いつもの?/ああ。どうも。)
デレク・リースとホットドッグ
ナイスなスタンドのおばちゃん。実際、LAの売店はこんなスパニッシュ系のおばちゃんが多くリアルである。この場所、普段はここまで人はいない。
デレクとカルバーシティパーク ベンチ
眺めのよい公園の端、ベンチに腰かけ、ホットドッグをほおばっていると、
derek reese と背後
背後の鳥のざわめき。振り返ると見覚えある人影が・・・
デレクとジェシー ターミネーター
・・・逃げるジェシー、追いかけるデレク、のチェイスシーン。
この公園もワーナー・ブラザーズ・スタジオの内のセットではなく、ロサンゼルスのサラ・コナーの家の近くに実在している。場所は・・・
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Topカルバー・シティ・パーク と Leet 1337:ロケ地メモ10
Security Trust of Los Angeles 銀行:ロケ地メモ11
ロケ地メモ11。ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)シーズン3の構想に出ていた登場人物の1人「1963年のエンジニア(E.Boykins)」が貸金庫にタイムマシンとアイソトープガンを仕込んだ銀行。[S1第1話]↓
Security Trust of Los Angeles
Security Trust of Los Angeles
ジョンとサラ・コナー、キャメロンが1999年から2007年にタイムトラベルで飛んだ後、爆発で跡形もなくなり、2007年には道路となったとされる場所。物語上はロサンゼルス(LA)のダウンタウンという設定で、銀行の背景にもロサンゼルスの高層ビル群が映っているが、この建物、実はLAからはるか1,000kmほど離れた所(ニューメキシコ州)に実在している。↓
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-TopSecurity Trust of Los Angeles 銀行:ロケ地メモ11
路地裏と交通事故現場:TSCCロケ地メモ12
世間は秋の交通安全運動期間である。そんな時はキャメロンの交通事故現場と路地裏のロケ地メモ。ターミネーターT-888ことVICK(ヴィック)はサラのバイクに、キャメロンは車にはねられたこのシーン。「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」シーズン1第2話↓
キャメロンとVICK 交通事故現場
キャメロンが車にぶつかった間に先に起き上がって逃走を図るVick↓
サラ・コナー・クロニクルズ 撮影現場
このロケ地もワーナー・ブラザーズ・スタジオではなく、ロサンゼルス・ダウンタウンに実在している。↓
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Top路地裏と交通事故現場:TSCCロケ地メモ12
キャサリン・ウィーバーの家 Catherine Weaver's House
キャサリン・ウィーバーの家は$9,950,000=約8億4600万円(*1)である。TSCCロケ地メモ13。サバンナが宿題をしていたウィーバー邸。「ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ」シーズン2第21話↓
キャサリン・ウィーバー家 正面
各モニターの画面は本物の家及び家屋周辺の画像が忠実に映っている。↓
キャサリン・ウィーバー邸モニター
よくこんなキャサリン・ウィーバーのオフィス テイスト、つまりシルバー+メタリック+モダーン調にぴったりな家屋をTSCC製作陣は見つけ出したものである。3点を特定できれば、あとはデカルト座標で大抵のロケ地は探し出せるのでおもしろい。この家が特定できたのも、実は劇中、この家屋の背後の山中にチラッと映っている「3つのパラボラアンテナ」とその影のおかげ。場所はハリウッドからちょっと離れた山の中にあり、素人にはなかなか見つけにくい場所にその「幾何学な城」はそびえ立っている。↓
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Topキャサリン・ウィーバーの家 Catherine Weaver's House
パーシング・スクエア Pershing Square:スピードの公園
10月3日(日)21:00〜映画「スピード(Speed)」が地上波でまた放映されるのでそのついでに「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」ロケ地メモ14。シーズン2第10話:邦題「3つの点」↓
サラ・コナーとアカギ DAKARA
公園内のカフェでコーヒーを飲みながらサラ・コナーと談笑する、
日系企業DAKARA SYTEMS(ダカラ・システムズ)の社長アカギ。
パーシングスクエア Pershing Square
目立つ緑のオープンカフェの日よけテントとそこに書かれている文字、
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Topパーシング・スクエア Pershing Square:スピードの公園
カリバと現代社会:スカイネットの創生期
「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」は他のどのターミネーター作品(映画)よりも「恐い存在」が登場する。機械に使われる人間たちカリバ・グループ(Kaliba Group)である。「恐い」というのは「力(ちから/パワー)」的に恐い、という意味ではない。今、我々が実際に生きているノンフィクションの現実社会が現在進行形で如実に描き出されているからである。TSCCロケ地メモNo.15がてら、カリバ集団について。
カリバ一味に拉致されたデレク救出に向かうキャメロン
キャメロンとカリバ倉庫
↑シーズン2第20話。彼らのねらいはデレクではなく、キャメロン捕獲だった。このカリバの拠点の1つとなっていた倉庫もロサンゼルスに実在する。↓
続きを読む >>
メイキング TSCC|-|TSCC-Topカリバと現代社会:スカイネットの創生期
<< | 2/3PAGES | >>